最近観た映画2本

dolma011_04.gifその前に、雪歩さん誕生祭動画について、今月中に音が出来ればいいな、どうかな、微妙。と思ってたのですが、無事完成できました。後3週間くらいは残った部分に集中できるので、何とかなりそうな気がします。

さて、映画の話ですが、実際のところ、私はそんなに映画を観ません。映画館にはもう10年くらい行ってないと思います。大体コンビニエンスストアとかで売ってる安いDVDで観ていましたが、最近はそんな事も少なくなりました。じゃあ今回の映画、何で観たのかと言うと、XBOX360で「Zune」を利用して観ました。たまにラインナップを見て、ちょっと面白そうな説明文が書いてあるとホイホイ課金してしまいます。企業の手のひらの上できれいに踊らされています。

そんな感じで先日観た2本の映画、そんな私にはどちらも面白かったので、ちょっとご紹介しておこうと思います。

「デビル」

ホラー映画です。何でそうなったのか分かりませんが、いつの頃から夜中にホラー映画観るのが好きになりました。でもDVDとかで欲しいとは思わないので、映画配信サービスの影響と言えると思います。

エレベータの中に閉じ込められた男女5人、実はその中の一人が悪魔で、罪深き人間の魂を集めて奪おうとしている、と言う話です。ただし主役はその現場付近にいあわせた刑事さんで、ビルの警備室でエレベーターの監視カメラの映像を見ながら指示を出したり、閉じ込められている人たちの事を調べたりしながら物語が進みます。また、この刑事さんが5年前(だったと思う)に家族をひき逃げによって失っている事も、ひとつのポイントになります。

この映画、観てよかったですし、話としてもよかったと思うのが、ホラー映画なんですが最後に「ホッ」とします。すごく安心できます。悪魔を題材とした内容なので、やはり宗教的な感じになりますが、そういった意味で救われる感じです。一般的な「ホラー映画」とは一線を画していると思いました。よい作品です。

「スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団」

私はこの「スコット・ピルグリム」、XBOX360のゲームで知りました。ヒロインの「ラモーナ・フラワーズ」に7人の元カレがいるのですが、「いや、何で7人もいるの」とか、「そのうちの一人は女の子じゃん」とか、いろいろ疑問があったので、機会があったら映画を観てみたい、と思ってたらZuneで配信されてました。ホイホイです。

いかにも、という軽いノリで、私は好きです。すごく偉そうな事を言わせていただくと、なんというか「決定打に欠ける」感じはします。でも原作がコミックと言うことで、擬音が文字として出たり、アクションシーンが無駄に派手だったり、見ていて楽しいです。個人的には最初の元カレ「サティヤ・バーバー」のシーンが一番好きです。無駄なポーズとか、唐突な演出とか、外野でもいろいろ起こっていて。

しかし、この映画の中で「飲み込んでしまったガムは消化するのに7年かかる」と言っているのですが、これ本当ですかね。私しょっちゅう飲み込んじゃうんですが、、、

Peace! for Birthday!

bt_dolma030_04.gif本題に入る前に、「雪歩さんの誕生日動画はどうなってるのか」と言うと、一番の山場をどうしようか、いくつか案があるのですが、まだ決めかねています。そんな状態なのでそれ以外のところをちくちく進めてたら、もう後は山場を作るだけになってしまいました。いい加減決めないと、、、

さて、去る11月23日は皆様ご存知のとおり、星井美希さんのお誕生日でした。ご存知の方はご存知と思いますが、私はMoon Witch様主催の「星井美希誕生祭 in ニコニコ生放送」にイラストを投稿させていただきました。そちらのブログでもイラストが公開され始めたようですのでご案内いたします。

皆様から美希へのバースデープレゼント

他の方の作品をご覧いただきつつ、ついでに私のもご覧いただければ幸いです。

さて、このイラストについて、私しか知り得ない部分をいくつか。

小さいほうの美希さんの肌の色はやっぱり失敗だったと思う。アップする前もあれでいいのかどうかすごく悩んだ結果、このまま行こうと思ったのですが、やめとけばよかったです。

この小さい美希さんは「Adobe Illustrator」で作ったわけですが、予定も無いのに別パターンへの展開も考慮して、規格が統一されています。簡単に言うと着せ替えが可能です。例えばこんな感じ。(ちゃっかり肌の色も修正)

miki_111126_01.jpg

ちなみに、服を取るとすっぽんぽんになってしまいます。児ポ法に引っかかるかもしれないので、この事は秘密にしておきます。

投稿したイラストは穴掘りP様の生放送で紹介して頂きました。その際のお祝いメッセージに、シブがき隊の「100%…SOかもね!」の一節を盛り込んだのですが、分かりにくかったようです。「おっホイ」と言われる事を怖いと思ったことはありません。ですが、「おっホイ」と言われない事が怖い事だとは知りませんでした。違うよ!ジェネレーションギャップじゃないよ!私は自称平成生まれですから大丈夫です。よかった。

DOLM@ンガシアターができるまで 02

dolma013_11.gif さて、今回は「パレット」と言うか、画面上のツールの配置と、「新規ファイルの作成」について、書いてみようと思います。

ツールや情報が表示されるウィンドウなどの画面上での配置については、どのアプリケーションでも皆様いろいろこだわりがあったり、あまりにも細分化されてめんどくさいので全くこだわらなかったりいろいろだと思います。

素人IllustStudio道場 02」でも同じような事を書きましたが、私の場合のパレット配置の考え方としては、

  • 頻繁に使用するパレットを画面右側に配置する
  • 必要だがそれほど頻繁に使用しないパレットを画面左側に配置する

という事になります。ただ、どのパレットが必要で、どのパレットが不要なのかというのは結構悩みどころで、実際にそのアプリケーションとしばらく付き合わないと見えてこないと思います。私もその辺はずいぶん試行錯誤しました。ちなみにその試行錯誤が面倒くさくなってくると、初期設定のままでいいや、という事になります。(私の場合のPhotoshop)

では具体的にはどういった配置なのか、それは以下の通りです。

comicstudio_111125_02.jpg
(クリックすると原寸大)

素人IllustStudio道場 02」の時とやはり方向性は同じですが、左がレイヤー右がツール、その他を余ったスペースに収める感じです。

右側の方は、ツールバーとは別に「カスタムツール」を並べて配置しています。「カスタムツール」には自分の指定したツールをまとめておくことが出来ます。私の場合は太さの違うペンと種類の違う消しゴムを登録しています。描く事に特化した感じです。詳細についてはまた別の機会に書きたいと思います。

また、右側はところどころ隙間があって、それが気になると言えば気になるのですが、「ツールオプション」と「プロパティ」のパレットが曲者で、この二つは選んだツール、選んだレイヤー、項目によって大きさが変わります。それによってパレットがパレットに重なってしまうと、今度はそれが気になるのでこんな配置になっています。

と言う事を書いて改めて考えると、私、ちょっと神経質すぎるんじゃないですかね。

それはそれとして、新規ファイルの作成ですが、前回説明した「2560x1920pixel」の用紙を使って「作品」で作成します。「作品」だとページ数などの設定が可能です。ちなみにこんな風に設定していますが

comicstudio_111125_03.jpg

冊子としての入稿は前提としていないので、「綴じる位置」と「開始ページ」は特に気にする必要は無く、単純に私の好みです。「ページ数」もとりあえず8にしていますが、後で追加、削除は可能です。ただ「ページ構成」だけは必ず「単ページ」を選んだ方がよいです。「見開き」だと当然横に2倍のページが出来てしまいます。

これで描く準備が整った事になります。

11月20日の事x2

dolma013_08.gifなんというか、近況報告です。

まず1点目。「星井美希誕生祭 in ニコニコ生放送」にイラストを投稿させていただいたのですが、それを11月20日の生放送で紹介していただきました。穴掘りP様ありがとうございました。ちなみに、実は私もリアルタイムで観ていたのですが、恥ずかしいので黙ってました。スンマセン。

タイムシフト再生はこちらです。私生放送詳しくないのですが、たぶん一定期間で観られなくなってしまうのだと思います。

【美希誕生祭】美希の誕生日祝いに一枚絵でお祝いコーナーなの!

いよいよ明日が美希さんの誕生日と言うことで、生放送も今夜がクライマックス、と言う感じになると思います。生放送の予定についてはコミュニティとか特設サイトをごらんいただくのがよいと思います。

また、投稿されたイラストは後日Webサイト上で公開していただけるようです。私のイラストもそちらでご覧いただこうと思いますので、公開されましたらご案内いたします。それまでもう少々お待ちください。

2点目は特に11月20日だから、と言う話ではないのですが、ふと「いまどきのこども」x「アイドルマスター」すなわち「im@どきのアイドル」と言うネタを思いついたので、ちょっと描いてみたのですが、なんだか怖くなってしまったので、やめました。

haruka_111122_01.jpg

コンピューター2011

dolma022_20.gif上手くいかないからってクヨクヨすんなー、ブログでも更新してな!

そんな感じで、最近気がついた、主にパソコン周りの、へーって思った事をちょっと書きとめてみます。

「Apple」のユーザーサポート、最近は予約すると向こうから電話をかけてきてくれます。これって、いまさら?

ただし、「QuickTime Pro」のライセンスキー紛失による再確認は「Apple」のサポートではなく、「Apple Store」が管理している為、そちらへ連絡。

メモリはずいぶん安くなった、2GB2枚で4千円。

メモリに関するエラーが発生する時はメモリ自体の不具合も疑ってみる。

「Amazon」で注文した商品、コンビニで受け取れば送料はかからない。知らなかったー。今度からそうしよう。

埼玉県北部のこの町には、SATAのケーブルを売っているお店がない。

swf形式のファイルを直接読み込んでくれる動画編集ソフトもあるので、そういうのはちゃんと調べてから買ったほうがよい。

あんまり関係ないですが、確かフロッピーディスクは磁気だけではなく、タバコの煙にも弱かった気がする。

「Adobe Illustrator CS4」の小技。Altキーを押しながらマウスのホイール回転で、ズームイン、ズームアウト。私の使っているキーボード、普通のキーボードの「Caps Lock」の位置に「Control」キーがあるので、「ズームツール(縮小)」に一時切り替え(Space+Control+Alt)する時、手がなんか「グワシ」みたいな形になってつらかったのですが、これですごく楽になりました。何でもっと早く気がつかなかったのだろう。

そういえばAdobeのアップグレードポリシーが変更になって、直前のバージョンのみがアップグレードの対象となるようです。どうしよう、、、

それはそれとして「サブスクリプション形式」のサービスも始まるようです。考えどころ。

というか、本当のことを言えばIllustratorはバージョン10がよかった。一番使ったバージョンだから。

あと1ヶ月とちょっとでクリスマス。そして今年も終わり。

DOLM@ンガシアターができるまで 01

dolma014_03.gif 以前「IllustStudio」についてのもろもろを書いたので、今度はもっとお世話になっている「ComicStudio」についてのもろもろを、DOLM@ンガシアターの制作過程をなぞりながら書いておこうと思います。例によってスーパーテクニックがあるわけでもなく、「ComicStudio」にあまり触れる機会がない方が読んで「へー」と思える程度のものですが、これを読めば今日からあなたもプロフェッサーアンです。

今回は「原稿用紙を用意する」という話です。

DOLM@ンガシアターはニコニコ動画に動画としてアップするのが最終的な発表形式になります。その為、「ComicStudio」に標準で設定されている普通の漫画用の原稿用紙では、何かと不自由します。つまり、最終的には縦横比4:3の画像として書き出す事になり、それに適した原稿用紙が必要になります。

実際に用紙の設定をいろいろ変更しながら、それなりに描画しやすかったサイズが「2800x2100pixel」でした。特に仕上がりや基本枠は使用せず、単純に2800x2100pixelの用紙を使用しています。下の図が具体的な設定です。

comicstudio_111117_01.jpg

しかしこの用紙の設定、DOLM@ンガシアターの第一幕から第二十一幕まで使い続けていましたが、実は小さな問題がありました。

最近は最終的な画像の仕上がりサイズを「640x480pixel」としているのですが、「2800x2100pixel」をComicStudioで「640x480pixel」に指定して書き出すと、割り切れない為か「641x480pixel」になってしまいます。これによってどんな問題が発生するかと言うと、実は全く問題ありません。単純に私が気になると言うだけです。

とは言え、毎回毎回この1pixelが気になるので、現在は「2800x2100pixel」に近く、かつ割り切れる大きさとして「2560x1920pixel」の原稿用紙を使っています。これなら25%縮小できっちり「640x480pixel」になるので、私もすっきりした気持ちになります。

さて、PC上で下絵も描くのならこれでよいのですが、私の場合は下絵は紙といつものシャーペンでなければ描けません。その為、A4の紙にこんな枠を印刷して、それを下絵用の原稿用紙として使っています。

comicstudio_111117_02.jpg

正直、何を基準にしてこの大きさにしたのかは、よく覚えていません。本当は1枚に4コマ入れたかったけど、窮屈になるか、小さくなってしまうのでこうなった、そんな気がします。

落書きエーオッケー

dolma012_04.gifも、だめ。ぜんぜん描けないので気分転換にブログ更新してみようと思います。

机の中にある今まで描いた下絵とかラフの中から、結局使わなかったけど個人的にはちょっと気にっているものを何点かご紹介します。

まずは、穴掘りP様の動画にイラストを描かせていただいた時の響さんのラフ。誕生日なのでお姫様(またはゴシックロリータ)な格好をさせられて緊張気味です。

hibiki_111112_01.jpg

そうそう、ついでみたいでかつ勝手に宣伝で申し訳ありませんが、美希誕生のイラスト、私はすでに提出しました。最終的な締め切りは11/22ですが、11/17までに提出すれば生放送で紹介していただけるようです。まだの方はお早めに。

次はやよいさん。これは何のために描いたか覚えていません。たぶん練習的な何かだったと思いますが、最終的にはやよいさんにガバァってされる直前みたいな感じです。

yayoi_111112_01.jpg

で、また響さん。ションボリビキ。

hibiki_111112_02.jpg

最後に伊織さん。もはやただの落書き。

iori_111112_01.jpg

それでは皆様よい週末を。

メモリ交換オールライトナウ

dolma005_09.gif母親が、カセットテープの録音ができない、録音ボタンが押せない、と言うので見てみました。自分でもよくそんなこと覚えてたなと思ったのですが、原因はテープの録音防止のツメが折れている為でした。解決策は「セロハンテープを貼る」。懐かしすぎます。

さて、そんな簡単にいかなかったのが私のPCです。前にもちょっと書きましたが、調子悪かったのでOSの再インストールを行いましたが、その後も主にブラウザ利用時、突然画面が消えて操作できなくなったり、再起動がかかるという症状がたまにですが出ていました。

となれば、ハードウェアに問題があるのかと思い、製造元のサイトなど調べて、どうやらメモリに問題があるらしい、そしてBIOSのメニューにメモリ診断項目があるらしい、と言うことで試してみたら、見事にエラーが発生しました。

私の中ではメモリとは、「昔使っていたパソコンに512MBのメモリが入っていて、ためしに増設してみよう、でも高いな、じゃあがんばって256MBのメモリ買おうっと」と言うもので、つまり高価な印象があります。今のPCには4GBメモリが入っているので、いったいいくらかかるんだろうと思ったら、2GBが2枚で4千円でした。逆に驚きましたが、助かりました。

メモリを交換した結果、無事、診断を問題なしでクリアできたので、これでしばらくは安心して使えそうです。

あのパンツイラストについて

dolma007_03.gifあの雪歩さんのパンツイラストについて、今日改めて眺めていて、いや、パンツ眺めてたわけじゃなくて、このときのシャベルの表現を見直していたわけで、あの、これ、別に言い訳じゃないですから、本当に。で、シャベル眺めていて「あ、そうか、スカートはかせればいいんだ」とひらめいたので、なんとなくそうしてみました。やっぱりパンツじゃかわいそうですもんね。

ついでに、最近pixivに投稿していなかったので、そういった意味でも都合がよさそうだと思いました。と言うわけで、よさげなこの2枚を選んではかせてみました。雪歩さん、長い間パンツでうろうろさせてすいませんでした。

pixivのIDお持ちでない方はこちらからどうぞ。
マーチングバンド
バイタルサンフラワー

またひとつ、私の汚れが清められました。アーメン。

私のもやしレシピ

dolma004_07.gifメモリッ!安ッ!

最近のPCの不調、OS再インストールでも改善されないとなればハード側に問題があるのか、と思ったら、やっぱりメモリに問題があるようです。もっと早く気づければよかった。

そうは言ってもメモリだって安くないよ、と思ったら、2GBx2枚で4千円でした。昔はこんな安くなかったと思うのでした。

さて、私は普段ほとんど料理をしませんが、そんな私が最近作ったもやし料理をご紹介します。別にこれがおいしいとか、最近よく作ってるとかじゃなくて、なんとなく、気分はやよいさんだったので。

■材料

  • もやし
  • 小松菜
  • 塩コショウ
  • 普通の油
  • ごま油

■作り方

  1. 「うっぅー!それじゃつくっちゃいますよ~」とか言ってみる。
  2. フライパンを熱し普通の油を入れ温めます。
  3. もやし、小松菜を入れ塩コショウで炒めます。
  4. 最後にごま油をちょっと入れてもうひと炒めして完成です。

この料理のポイントは、まず「細いもやし」を使うことです。たぶん「黒豆もやし」と言う種類のもやしみたいです。昔よく行っていた、本場の人がやってるっぽい小さなラーメン屋の料理に使われていたのは、みんなこの細いもやしでした。普通のもやしより歯ごたえがいい感じがします。やっぱり本場の人がやってる店は材料も違うな、と思いました。正直、その店の大将がどこの国出身かは知らないのですが。

もうひとつのポイントが最後のごま油です。たぶんですが、ごま油も加熱しすぎると香りが飛ぶような気がするので、仕上げに入れるのがよろしいかと思います。これをやるとぐっと中華料理っぽくなります。一緒に食べる方も「あ、中国で食べたのと同じ味だ!」と言ってくれると思います。言ってもらえなかったら自分で言ってください。

お金に余裕がある人は魚肉ソーセージとか卵とか入れてみてください。それとこの料理がおいしいかどうかは私の責任ではなく、作る方の責任となりますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画