素人「IllustStudio」道場 02

dolma014_03.gif0905P合作を中心に、やりたい事がいろいろあるのですが、時間による制限もあるので、どれを取るか、どれを切るか、考えなくてはいけません。ですが、全く決められないので、そんなときはとりあえずブログ更新です。

前回は下絵を描いたので、次はスキャンをするのですが、その前に、作業環境について考えてみようと思います。つまり「ウィンドウレイアウト」と言うやつです。

もちろんどのウィンドウを出すか、どこに置くかは使う人それぞれなのですが、まず、私自身の特性として

  • 右利き
  • ペンタブレットを使用する
  • 描画領域は中心におきたい

という要望があるので、ウィンドウの配置としては、

  • よく使うウィンドウを右側に配置
  • 必要だけど頻度の少ないウィンドウを左側に配置
  • 必要ないウィンドウは出さない

と言う理論を考えました。その結果が以下のウィンドウレイアウトです。

is_110629_02.jpg
(クリックで拡大)

1080x1920のディスプレイを使用してから、描画領域は全画面使う必要が無い事に気づきました。実際、もっと小さくても問題ないと思っています。また、私にとって必要だが常に出ている必要がない「サブビュー」と「素材」はツールバーからすぐに開けるようにしてあります。実際開くと描画領域と左側のウィンドウのグループにかぶってしまうのですが、一時的なのでそれほど不自由はしていません。

左側のグループには「ナビゲータ」「レイヤー」「レイヤープロパティ」があり、実際には画面内に収まっていません。通常は使用頻度の低い「ナビゲータ」を閉じて、「レイヤー」と「レイヤープロパティ」が常に使用できるようにしてあります。

使いながら試行錯誤して、このレイアウトに落ち着きましたが、これが完全と言うわけではなく、今後も私自身の作業方法の変化などに伴い、併せて変化していくものだと思います。レイアウトを変更したら、変更後のレイアウトの「登録」を忘れないようにしましょう。

素人「IllustStudio」道場 01

bt_dolma027_16.gifそれにいたしましても、全くブログに書くこと、書けることがありません。仕方ないので、思いつきで「IllustStudio」を使ったイラスト制作プロセスを素人目線で説明してみようと思います。あくまでも「私はこうやってます」程度の話です。スーパーテクニックとかではありませんが、もしなにかの参考とか、暇つぶしにでもなれば幸いです。

「IllustStudio」は「株式会社セルシス」から発売されている、デジタルペイントツールです。たぶん、このブログでは何度か話題が出ていると思います。今回は以前に描いた「アイドルマスター」の「水瀬伊織」さんのイラストを使って、製作過程、というか、「下絵から塗りまで」くらいの感じで振り返ろうと思います。

まず下絵ですが、私はペンタブレットでの下絵が描けないタイプなので、紙とシャーペンで描きます。紙には特にこだわりは無く、ケントとか、上質紙とか、そんなような紙を使っています。シャーペンはHか2Hの芯を使っていると思うのですが、最近は何を使っているのか自分でもはっきりしません。

紙とシャーペンを用意したらおもむろに描きはじめます。マンガの入門書でよくあるように、丸を描いて、その中に十字を切って、顔を描く、といったオーソドックスな感じで進めます。全身を描く時も全体的なバランスを大まかに決めておきます。

大体の顔の大きさが決まったら、まずは目、鼻、口等をかいて、輪郭を整えます。対象の髪が肩よりも長い場合、その後、体を描いたり消したりして、結局いっしょに消えてしまう事になるので、髪は体がまとまってきた頃に描き始めます。

で、描けたのが以下の下絵です。

iori_110623_01.jpg
■伊織さんの下絵(部分)

さて、ウチの場合、アナログで下絵を描く際に、必ず守らなくてはいけない制限事項があります。それは「サイズはA4まで」と言う事です。なぜなら、ウチのスキャナーがA4サイズまでしか読み込めないからです。でも、A4サイズが読み込めれば大体は何とかなります。ウチでは。

とりあえず今回はここまでです。今回、「IllustStudio」が全く出てきていない気がしますが、気のせいでしょう。

つなぎ(たまには愚痴っぽく)

dolma012_04.gif6月に入ってから、急にブログに書くことがなくなりました。仕方が無いので、最近思った事を書きます。

6月25日(土)に板橋区で「フリーダム」というアイマス同人誌のイベントがあります。興味はあるものの、あまり同人誌のイベントに行った事の無い私にとってはよい機会なので、こっそり行って、ブログに感想を書こうと今からウキウキしていたのですが、勤め先のシフトが変更になり、あっさりウキウキは終了しました。わっ、わたしのウキウキを返せ!

続きまして、約1ヶ月ほど前に引越しをしたのですが、実は引越し先は埼玉県のはじっこにある実家です。引越し元の東京都練馬区に比べれば当然不便なのはわかっていましたが、近所に「コカコーラ」が売っている自動販売機がありません。コンビニに行けば(コンビニくらいはあります)コカコーラは売ってますが、350ml缶のコカコーラが欲しいんです。さらに欲を言えば「ドクターペッパー」も欲しいんです。もう、倒れます。

「ドクターペッパー」で思い出しましたが、東日本大震災後、東京都練馬区でもスーパー、コンビニでいろいろな食料品が不足しました。ある日、缶コーヒーか何かが売っていればいいなーと思って、生鮮食料品も売っている近所の100円ショップに行ったのですが、予想通り飲み物類の棚はスカスカでした。しかし、そんな中、1段だけペットボトルがぎっちりと並んでいる棚がありました。よく見たらドクターペッパーでした。とても頼もしい光景でした。そして私は他の方の事も考え、2本だけ買って帰りました。

最後は、ちょっといい話になりましたね。それではごきげんよう。

計測:等身について

dolma005_09.gifまず最初に皆さんにお伝えしておきたい事があります。私は決めました。時は2011年12月24日、場所は秋葉原、私はそこで「ドリームクラブ ZERO」を購入する事にしました。去年のクリスマスイブと同じです。運命は繰り返すのです。

ではマジで真剣な話はこれくらいにして、前回の記事で「今年になってから、顔を小さく描く様になりました?」というコメントをいただきました。「今年になってから」というフレーズにグッときました。また、改めて言われると、実際どうなのか気になったので、いろいろと自己確認してみました。

以下、ご報告いたします。

続きを読む

今日の雪歩さん 08

dolma007_03.gif「アイドルマスター2」ですが、「運命のランキング」で20位以内に入れなければ、その場で「OIXOI week end!」が流れて即エンド、なのかと思っていたら、そうではないようです。

例によって、雪歩さん誕生祭動画をちりちりと進めています。この「今日の雪歩さん」でちょっとお見せしたようなイラストが全部で10枚必要だったのですが。やっと10枚目が描けました。振り返ってみると「今日の雪歩さん 01」を書いたのが約半年前です。さすがにちょっと時間かかりすぎたと思います。とはいっても、多くの方がそうであるように、私もいろいろあったので仕方ないでしょう。

しかし、最初と最後でずいぶんイラストの感じが変ったなと思わざるを得ません。

そんなわけで、なんとなくはじまった「今日の雪歩さん」シリーズは、今回で終了となります。たぶん。これから先はお見せできないような内容になりますので。

そうです。これらのイラストを描くのも全体の作業の一部でしかなく、言ってみれば「背景を描いている」様なもの。まだまだ先は長いのです。

ちなみに、6月は全く別の事に時間を使う予定です。あぁ、どんどん完成が遅れる、、、。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画