暑中お見舞い雑談

dolma005_09.gif実は、いまだに「サンデー○シュークリーム」のミックスをちまちまいじっていましたが、キリが無いので今日で禁止になりました。

次回のDOLM@ンガシアターですが、やはり8月に入ってからになってしまいます。いま12ページ目です。何をもって「1ページ」とするのかは私のみぞ知るところですが、それでも動画としては2分ちょっと。下手したら2分を切ってしまいます。

いよいよ明日は「HaRuKarnival’10」です。私は全日程タイムシフト視聴確定です。その分ひとりでも多くの方がリアルタイムでお楽しみいただけるのであれば、望むところです。

というわけで、「Surfing Karnival」の素材を流用してpixiv掲載用イラストを作りました。暑中お見舞いを意識したのでハガキ的なサイズです。で、pixivに会員登録しなくては見られないのもなんなので、こちらにも掲載しておきます。サイズは若干小さめになりますが。

2010-summer_yayoi.jpg

ちなみに「Surfing Karnival」はハルカニのために作ったので、ハルカニのブログでしか見ることが出来ないのですぞ。

もう一度シュークリーム!

dolma022_06.gif間に合わせるように駆け足で作業をして、結局間に合わなくて、音的な仕上がりもいまいちで、「サンデー○シュークリーム」は、無念な結果になってしまいました。

その為、反省会としてミキシングを一からやり直す事にしました。というか、やりたくて仕方なかったのでむしろご褒美でしょうか。

動画に使用したバージョンと比較してもそれほど違いがわからないかもしれませんが、ところどころ聴きやすくなっていると思います。

というわけで、「ニコニ・コモンズ」に再ミックスバージョンとカラオケをアップしておきました。バトルドームに関わらず、お気軽にご利用いただければと思います。私も、いざと言う時には「DOLM@ンガシアター」に流用しようと思います。

再ミックス:
http://www.niconicommons.jp/material/nc26794

カラオケ:
http://www.niconicommons.jp/material/nc26795

今日からDOLM@ンガシアター本気出します。

バトルドーム発売祭0725

dolma022_20.gifシュークリームができました。しかしながら、ギリギリ間に合いませんでした。無念。

今年は何と言ってもバトルドーム復活なので、ここでエキサイティンしなければいつするのか? という感じです。それにしても新型バトルドーム、なんとゼンマイを廃止して、フリッパー連動で動作するというまさに21世紀の技術を搭載、さらに箱の写真を見る限り、ボールをチャージするギミックがあるようです。メガハウスの頑張りが感じられます。

さて、私の動画ですが、まさかのエキサイティンソング第2弾です。それと、テノゴール嬢と同じ位気になっていた、テノゴール嬢の隣にいる子を使わせていただきました。

それにしても、ミキシング、マスタリングが、どれほど複雑なものなのか、改めて実感しました。専門の「エンジニア」と呼ばれる方々がいらっしゃるのも納得です。

ちなみに、私はこの子の事を、勝手に「テノゴール2号」と呼んでいます。

アクションバトルドームアクションバトルドーム
(2010/07/29)
メガハウス

商品詳細を見る

暗号伝令0725

dolma018_14.gifシュークリームの皮が出来ました。後は中身をつめるだけです。ただし、見た目に時間をかけている余裕はなさそうです。

7月25日には皆様に召し上がっていただけると思いますが、例によってギリギリまでねばります。

pixivはじめました

dolma021_09.gifニコニコ動画で無料放送をやっているので、最近は「ストライクウィッチーズ2」を観ています。もう、おっさんホイホイとは言わせないのです。

というわけで、コメントをいただいたので「pixiv」をはじめました。と言っても今はまだ試験的にアップした「千早コンプリート」のイラスト1枚だけです。

せっかくファイル容量8MBまでアップ可なので、ブログには載せられないようなサイズでアップしようと思い、A4で十分印刷に耐えうるサイズ(2894 x 4093)にしたのですが、そんな大きなサイズにしている人はいないようです。

私のマイページは「http://www.pixiv.net/member.php?id=2201862」ですが、「プロフェッサーアン」でユーザー検索しても見つかります。また、「pixiv」も会員登録が必要なのでご注意ください。

スキを見て、あげられそうなやつは随時アップしていきたいと思います。

いっぱいいっぱい

dolma013_11.gif前回の記事で「7/20にアップできないと、、」という事を書きましたが、全然間に合わない事が確定してしまいました。後は「バトルドーム発売祭」と平行して進めて、今月中にアップできると思います。お待ちくださっていた皆様には申し訳ありません。作業は進んでいるのですが、なんだか音楽的なところばかりに集中してしまい、絵の方があまり出来ていません。というか、「バトルドーム発売祭」も危なくなってきました。

さて、突然ですが、アクセス解析をはじめてみました。このブログそれほど多くの方にご覧いただいているわけではないと思うので、ここで「すいません!間に合いませんでした!」とか言ったとしても、お気づきになる方は少ないと思います。そのため、実際のアクセス状況を確認し、「あ、やっぱりそうなんだ」という事であれば、そういった事態にならないよう、他所(ニコニコ動画等)での発言に注意する。というのが目的です。わかりにくいですね。

もし、「あれ、結構見られてる」という事であれば、それにあわせて内容も考えて行きたいと思いますし、もちろんアクセスが少ないからといってやめる事は無いのでご安心ください。

というか、実は私としては「やよいさんが隠し撮りした千早さんの写真」を公開した時点で、このブログの役割は終わっているのです。フフフ。

それでは最後に、あずささんお誕生日おめでとうございます。もちろん何にも用意できていないので、せめてもの気持ちとして「HaRuKarnival'10」で作ったあずささんを単品でアップしておきます。

ハルカニよろしくです。


azusa_100719.jpg

解説:アホ毛通信

dolma013_11.gif次回のDOLM@ンガシアターは今度の連休あたりにアップできれば、タイミング的にも言う事ナシだとわかってはいるのですが、まず無理だと思います。ですが、遅くても7/20にアップできないと、ただでさえ危うい「バトルドーム発売祭」に間に合わなくなる可能性が非常に高くなります。

さて、例によって思いつきで、過去のDOLM@ンガシアターについて解説したいと思います。

ずいぶん前の話になりますが、第三幕であずささんと真美さんが毛で通信をしているシーンがあります。この表現、実は何の意味も無く、ただの勢いです。

dolma003_06_01.jpg
↑問題のシーン

私の記憶では、当時ペンを入れている時に、アホ毛とちょんま毛がちょうど接触しそうになっているのに気づき、なんとなくお互いに干渉しているような表現を入れて、「まあいいんじゃない」程度の勢いでそのまま作業完了した、となっています。実際それで間違いないはずです。

皆様もあまり気になさらないでください。

青い壁紙

dolma017_07.gif前回の話がなんだか堅い内容になってしまったので、軽い気持ちで作ってみました。よろしければご利用ください。

4:3用(1600 x 1200)

16:9用(1920 x 1080)

ビル建直し/全ての先人に敬礼

dolma011_09.gif最近ブログ更新頻度が高くなっていますが、それだけ充実していて、それでいて時間的に余裕が持てているのだと思います。よい状態です。

いろいろありましたが、早速絵的な部分で「アイドルマスター2」に対応させる事にしました。といっても、アイドルではなく「765プロのビル」です。

たぶん、一般的な漫画の構成としてもそうなのだと思うのですが、場面が変わった時そこがどこなのか説明する意味で、出来るだけ背景、風景を描くようにしています。765プロ外観は使用率が高いので毎回使い回しているのですが、今ならもう少し上手くかけると、図々しくも思うようになって来ました。

次回のDOLM@ンガシアターも765プロ外観からお話が始まるので、この際描き直す事にしましたが、ちょうど「アイドルマスター2」のPVでチラッと新ビルが出ていたので、思い切って、唐突に、建て直してみます。工事中ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご協力お願いいたします。

dolma008_05.jpg
↑現在の765プロのビル

765pro_100709.jpg
↑新765プロのビル(建設中)

しかし、こうしてデジタルツールを使用していると、どれだけ我々が恵まれた時代に生きているのかを感じずにはいられません。3点透視の定規が簡単に作れたり、交点を基にして簡単に線が消せたり、クリックするだけでベタが塗れたり、トーンが貼れたり、やり直したかったら簡単に取り消せたり、、、

先日、いまさらながら「AKIRA」の全巻を読んだのですが、デジタルツール無しであれだけのクオリティのものを作る事を考えると、それだけで倒れそうになります。

もちろん私の場合には現実的な生活の間をやりくりしながら、一人で描いているという事もありますが、その当時の漫画家の方々がどれだけの労力を割いていたかと考えると、たとえ趣味で描いているとはいえ、この恵まれた環境を活かして、「可能な限り十分なクオリティ(※1)」のものを制作しなくてはと、思わずにはいられません。

しかし、やたら長くて説教じみた話になってしまいました。歳のせいでしょうか。フフフ。

※1 とか言いながらも弱気になった部分。

HaRuKarnival'10参加!

dolma013_08.gif最近の事、これからの事」に書いた「シークレット01」は、この事だったのです。

といっても、私に出来る事といえばお絵描きとおっほいくらいなので、当然、PVではなくイラストでの参加です。

今回は「IllustStudio」のような「タブレットを使って描く」というソフトではなく、「Adobe Illustrator」を使用しました。実は使用歴で言えば「IllustStudio」や「ComicStudio」よりもはるかに長いのです。私としては原点に返った感じで楽しませていただきました。

前置きはこの辺にして、まずは「HaRuKarnival'10」のブログで他の方のCMやイラストをお楽しみください。ついでに私のやつもご覧いただければ幸いです。

harukani10logo_a.jpg ↑クリックで移動

私のイラストはこちら

私としては「野外ライブ」という設定が、思った以上に高いハードルとなりました。というのも、時間をかけていろいろイメージしてみたのですが、特に「DOLM@ンガシアター」のような感じで描いた場合、どうやっても野外ライブっぽい仕上がりがイメージできなかったのです(もちろん「舞台裏」や「リハーサル」などでも可なのですが)。

そこで、考え方を変えて、

・全身を入れられる大きさにする(=ちびキャラ)
・夏の要素を入れる
・ライブとかけ離れた要素も入れる
・ネタ的な要素も入れてみる

というようなアイデアをまとめた結果、そうなりました。いかがでしょうか?

それでは皆様イベント当日をお楽しみに! そして運営の皆様、これからどんどん忙しくなると思いますが、がんばってください!

【おまけの雑談】
「アイドルマスター2」とそれに関連する各種情報により、楽しくもあるが落ち着かない状況になっていました。ですが、突然現れた「実写春香」(XBOX特命課)に全部持っていかれました。XBOX本体で見られなくなってしまったのが残念です。このまま終わらないでほしい!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画