武蔵野ロック研究所

m-r-k_thumb.gif近況 : 男の子について」と「昔の自分の漫画を見た日」は、実はここにつながります。

「DOLM@ンガシアター」では男の子を描く機会が少ないので、昔描いた漫画「武蔵野ロック研究所」をブログ用として書き直してみようと思います。

m-r-k_title.gif

内容はタイトルの通り。現在における分かりやすい表現としては「けいおんの二番煎じ」となります。4コマ漫画なので、一本描けたらブログに掲載する予定です。割とお手軽な感じがしてよいのではないかと思います。

とはいっても、5月は合作、6月はDOLM@ンガシアターを3本あげたいと考えていますので、いったいいつになるのか、私にも分かりません。

昔の自分の漫画を見た日

dolma018_14.gifニコニコ動画でいくつかコメントいただいていますが、「DOLM@ンガシアター」の出発点は、実は少女マンガです。特に最初の頃は一応そういった雰囲気が出るようにがんばっているつもりです。

ですがある日、たまたま数年前に描いた漫画を発見し、眺めていると、上手くはないのですが今よりもはるかに「自分の漫画」という感じがしました。その影響で第八幕以降は自分にとっての「原点」を意識した表現になっています。といっても、単純に線が太くなっているだけなのですが。

ちなみに現在は、どっちがいいのかよく分からなくなってきています。なんというか、あまり深く考えず、その都度気持ちよく描ければそれが何よりなのかもしれません。

dolma002_09_01.jpg
↑第二幕の頃

dolma013_03_01.jpg
↑第八幕の頃

補足:実は第八幕は第九幕を描いた後に描いています。

近況 : 男の子について

dolma005_09.gif0905Pの合作について、私としては、全体としても私の担当しているところについても秘密なので、特にブログでお話できるような事も無く、気がつくと更新が滞っていました。隙を見て「IM@S x CCT」見たいな事をやれればいいなとは思います。

ところで、実は以前から「DOLM@ンガシアター」には「男の子が出てこないなぁ」と考えていました。私としては、「プロデューサー」は各プレイヤーまたはプロデューサー自身なので具現化したくないという思いがあり、社長は真っ黒だし、あとは武田さんとかになると思いますが、今のところ特にこれと言ったネタも無い状態です。

いろいろなキャラクターを描けるようになるためにも、その点について何とかしたいと考えています。

ちなみに涼チンは私の中では女の子。

DOLM@ンガシアター 幕間(十四-十五間)

dolma013_08.gif私は何年も漫画ばかりを描いてきたというわけではないので、三日間漫画を描かないでいると、その感覚が急速に衰えはじめます。そのため、約1ヶ月間そういったことをほとんどしていなかったので、正直なところいろいろと不安です。

アップした時間が時間なのでその後すぐに寝てしまい、ご報告が遅れてしまいましたが、DOLM@ンガシアターの幕間をアップしました。

中盤でいわゆる「チップチューン」な「スタ→トスタ→」を使っています。私自身は、そういう世代。というか、そ→ゆ→世代なので。ピコピコした音は「うはー」と言う感じなのですが。意外とDOLM@ンガシアターには合わなかったのは、ちょっと残念です。

次回のDOLM@ンガシアターについて

dolma014_03.gifそうこうしているうちに、前回DOLM@ンガシアターをアップしてから、既に1ヶ月以上経過しているわけですが、実は今度は、同じ時期にニコニコ動画のアイドルマスター系にデビューした皆様(0905P)との合作に参加します。そのため、次回のDOLM@ンガシアターのアップは、申し上げにくいのですが、おそらく6月以降になりそうです。その分、「ここまでやったのなら納得」と言っていただけるように全力を尽くしますので、何卒ご容赦いただければと思います。

ちなみに、そういったお知らせも兼ねて今週中には「幕間」をアップしたいと思います。

と言うわけで、お願いとお詫びの意味を込めて、「DOLM@ンガシアター 第十四幕」のオープニングから、割と気に入っている猫耳メイドな千早さんです。

chihaya_mashimaro_01a_c_thumb.jpg
↑クリックで大きい画像を表示

IM@S x CCT : リツコォ

dolma005_09.gif「CCTってなんだ?」という事になると思いますが、CCTは2000年8月10日にSNKと言う会社から発売された、ドリームキャストと言うテレビゲーム用のリズムアクションゲーム「COOL COOL TOON」の事です。

クリィミーマミ動画をアップロードしましたが、まだまだやりたい事は山積みです。とりあえずどこから手をつけようか考えたのですが、1、2日くらいなら遊んでもいいだろうと思い、以前から考えていたアイドルマスターとクルクルトゥーンのコラボレーション?をやってみました。

ほとんどの方が分からないと思いますが、「イヤミィは律子さん」だと思うので、そうしてみました。もちろん単純にメガネつながりです。

im-x-cct_ritsuko_thumb.jpg
↑クリックして大きい画像を表示

ちょっと太めになってしまったような気がします。

「魔法の天使 クリィミーマミ」の話をしよう!

dolma007_03.gifこの1ヶ月は、考えて、考えて、作ってみて、ボツにして、と言う事の繰り返して、時間がかかった割には内容が貧そうと認めざるをえません。

と言うわけで「クリィミーマミ解説動画」をアップしました。今回、何がそんなに困ったかと言うと、まず、本気でクリィミーマミの事を語ると、どうしても物語全体のネタバレになってしまうと言う事。次に、結局は文章になってしまうので、動画として成立しなくなってしまうと言う事でした。

また、絵や音楽について、これまでブログでお話した内容と異なっていると思いますが、絵については時間的に、音楽については技術的に追いつきませんでした。特に音楽については、最近耳コピーでコード進行がなんとなくでも分かるようになったと思っていましたが、「LOVEさりげなく」「デリケートに好きして」共に、コード進行どころかコードが何なのかも全く分かりませんでした。私自身としてはそれはそれでよい経験になりましたが、ご期待されていた方(がいたとすれば)にはお詫び申し上げます。

と、泣き言っぽい事ばっかり言うのも潔しとならないので、長くなってしまいますが、方向性が合わない感じがしたので没にした4コマ漫画っぽいものをアップしておきます。なんとなくアイドルマスターDSっぽいかんじがします。

mami1003_030001.jpg

mami1003_030002.jpg

mami1003_030003.jpg

mami1003_030004.jpg

もし、それでもまたリクエストがありましたら、今度はブログで少しずつやろうと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画