コミュニティ作成しました

bt_dolma013_11.gifコミュニティ作成したとか、そんな話してる場合じゃないんですよ。(開幕全否定)

行き所の無い個人的な近況ですが、社会的な労働に時間をとられて、やろうと思っていることばかりが山済みになり、出来上がったものが何も無い状態です。もう何から手をつけていいのか分からない感じになって来ました。結構焦ってます。こんなはずじゃなかったんだけどなぁ。

と言っても私はこう見えて、「こんなはずじゃなかった」とつぶやきながら生きていけるタイプではないので、その辺は個人的に色々な意味で行動に移して行こうと思います。

さて、何もやっていないという事なのでブログに描くことも無く、最近は更新が滞っている訳なのですが、何かしら書く事が無いか考えた末見つけたのが「コミュニティ作成」です。

「ニコニコ生放送」について、そこにどんな魅力があるのか正直言って私自身分からないのですが、最近自分の作業の様子を放送する機会が増えてきました。その際、「ニコマス2009年5月デビューPの集い」を勝手に使わせてもらう事が多かったのですが、アイドルマスターと関係ないものを描く場合などは流石に遠慮するべきだと思うので、その結果自分のコミュニティを作成する事にしました。

とは言っても、コミュニティ限定で放送するような予定も今のところ無いですし、私自身このコミュニティを大きくして行くつもりも無いので、お気に入り登録するメリットはありません。とりあえず存在だけ認識していただければ幸いです。

あれから5年、、、

bt_dolma018_01.gifたいして更新するようなネタもなかったのですが、それに加えて、ただでさえ遠距離通勤なのに勤労が定時で終了しない日々が続き、ブログを更新する暇がありませんでした。

そうは言っても、今年もニコマス活動の区切りとなる季節がやってきたので、前年度(平成25年5月29日から平成26年5月28日まで)の活動を振り返ってみようと思います。

前年度の動画投稿数は「3本(前年比-5)」でした。

さん、、、ぼん?、、、は、さすがに少ない、と思いました。去年は8本で「あ、意外とあげてた」と思ったんですが、、、

まあ、自分に対して言い訳をするとすれば、そうは言っても、「im@s TUKU-tail Party BD2」にも「ツクダリティの消失」で参加しましたし、「HaRuKarnival'13」にもイラスト2枚投稿しましたし、その他やった事としては、

と、活動自体はこれまでと変わらず活発だったんです。結果が出ていないものが多いですが。

本年度はもっとがんばりたいと思いまーす。(誠意ゼロ)

「ツクダリティの消失」の制作時間の消失

bt_dolma027_16.gifえー、「im@s TUKU-tail Party BD2」と言う企画がありまして、私も参加させていただき、いわゆるエキサイティンソングをツクった訳です。となれば、やはりその単品を上げたいとは思うのですが、あれから2ヶ月、中々時間がツクれず、未だ完成の目処がたちません。

そんな事やっている間に他の事案が次々とやってくる訳で、その為止むを得ず、制作は無期限で延期することにしました。

特にお待ちになっている方もいらっしゃらないと思いますが、「歌詞が欲しい」と言うご意見を何点か拝見しましたので、取り急ぎ歌詞だけでも書いておこうと思います。

「ツクダリティの消失」

見上げる 月と星が
朝日に 消える 消える
雲間を 切って 裂いて 抜けて
落ちる 落ちる 落ちる

おとぎの 国の世界
魔法が 解ける 解ける
全てが 崩れ 倒れ 消えて
私 アンバランス

きっともう 笑顔は
ツクれないから

消えた私の ツクダリティ
まるで砕けた カクテルグラス
あなたが悪いのよ

やさしく光る 白い瞳
閉じる濡れた 黒い瞳
私だけじゃ 落ちる涙
何で? 止められない

いつまでも このままで
いたくないのに

モノクロームの ツクダリティ
またあなたの 笑顔を見せて欲しい

六色のワルツで 空を照らそう

聴こえるでしょう? ツクダリティ
諦めかけた 古いパズルも
いつかは解ける様に

走る 走る 私の背中
押して 押して グングン走る
映る 映る 瞳に映る
赤い 赤い バトルドーム

魔法 魔法 メガミの魔法
今は消えた 絵本のページ
だけど ずっと そばにいるよ
また会えたね オリジナルワールド

と言うわけですが、「ツクダリティ」って何ですかね。なんにしてもいつかちゃんと上げられる日が来ればいいな、と思います。(まるで他人事)

ハルカニとクリィミーマミと私

dolma025_09_01.gif※「魔法の天使 クリィミーマミ」の最終回のネタバレをちょっとだけ含みますのでご注意ください。

前回の第1次〆切ではKISS結成40周年という事で、それをネタにしてイラストを描いたのですが、描きながら「KISS40周年をネタにして、クリィミーマミ30周年をネタにしなかったらウソだよな、、、」と思ってました。そんな訳で、第2次〆切では「魔法の天使 クリィミーマミ」をネタにして、イラストを描いてみました。

HaRuKarnival'13 -Last Live- 公式 blog
http://www.harukarnival.info/blog13/

投稿させていただいた作品はこちらです。

と言われても、何処がクリィミーマミなのか。クリィミーマミに詳しくない方はピンと来ないと思います。箇条書きに説明しますと、

  • 全身じゃないのでなおさら分かりにくいですが、春香さんが着ている衣装は、最終回の最後の最後でクリィミーマミが着ている衣装。マイクはいつものヤツ。(ちょっとだけネタバレ)
  • タイトルの「ファイナル・ステージ」は、クリィミーマミ最終回のタイトル。
  • コメントの「ハルカニはミステリーのカーテンをくぐって、伝説の世界へ帰ったのさ、、、」は、クリィミーマミがステージから消えてしまった後の、所属事務所の立花社長のつぶやきが基ネタ。(ちょっとだけネタバレ)
と言う事になります。

本当は、描く前から分かってたんですが、「別にハルカニに他要素を盛り込む必要は無い」訳で、クリィミーマミ要素をどのように入れればいいのか、結構苦労しました。でも「最後のステージ」という事では、ハルカニとクリィミーマミ最終回、結構相性はいいはずです。(思い込み)

あと、前回はAdob Illustratorを使用して制作しましたが、今回もIllustratorにするか、普通に描く(CELSYS IllustStudio)かで悩みました。結局、最近普通に描いてなかったのと、Illustratorでアンカー打つの、絶対飽きるし時間がかかるだろうなと思い、今回はこのようになりました。

ちなみに、「魔法の天使 クリィミーマミ」はテレビ放送終了後OVAが出て、そこではクリィミーマミも復帰(本人の意思に関係なく)するので、作品を送る時のメールにその旨記載し、「というわけで来年、やっぱり今年もやります、って事になっても問題ないと思います」と書いておきました。

ハルカニとKISSと私

bt_takane_01.gif 「KISS」は1973年結成のアメリカのハードロックグループです。平成生まれ(自称平成生まれは除く)の方には分からないと思うので、「聖飢魔II」をイメージするといいと思いますが、イメージできたら昭和です。そんな事ないですね。失礼しました。都心などでは最近、来日ライブのポスターを目にする機会があると思うので、そちらの方が分かりやすいでしょう。何にしても結成40周年。メンバーの皆様の年齢を考えるとそのパワーには感服いたします。

「KISS」は私にとって、「洋楽の扉を開いた」と言う意味でも重要なバンドです。初めて買ったアルバム「DESTROYER」の1曲目「Detroit Rock City」を聴いた時は、日本の音楽業界を批判つもりは全くありませんが、それでも「本物だ!」と、生意気な事を思ったものです。

さて、話は唐突にニコニコ動画のユーザー生放送イベント「HaRuKarnival'13」に移りますが、3年ぶりにイラストで参加させていただきました。そのイラストのネタ基が「DESTROYER」のジャケットです。

本当は、春香さんはやっぱりMCも勤めるポール(星の人)と思っていたのですが、イラストの趣旨上その位置(左端)には行けないのと、「星の人」なら美希さんがいるので、とりあえずエース(スペースな人)になってもらいました。選択肢としてピーター(ネコの人)もあるように思えますが、ネコは千早さんで決まっていました。ちなみに、ジーン(ベロの人)は何故か貴音さんしか思いつきませんでした。

例によってイラストは提出先でご覧いただければと思いますが、とりあえず個人的には一番気にっているんですが、台詞やら春香さんやらで隠れ気味になってしまった「四条・ジーン・貴音」を載せておいてみます。ちなみにあの台詞は「KISS」がライブの冒頭で言ういつもの台詞をちょっと変えたものです。(Band→Idol)

takane_130716_01.jpg

ちなみに、私が以前作った動画を見ると、さりげなく「KISS」の影響を受けている事が分かるかもしれません。「TSME」のロゴマーク、特に「S」なんかはそのままです。もちろん意識してましたが。

ネタ基が気になる方は下の商品が参考になると思うのですが、これ、オリジナルのジャケットとは微妙に違うんですよね、、、いや、大分違うなこれ、、、

DestroyerDestroyer
(1990/07/31)
Kiss

商品詳細を見る

im@s TUKU-tail Party BD2 開演!

dolma013_08.gifいきなり個人的な反省会からはじめたいと思いますが、私のパート、音楽を自分でツクってるわけですよ、で、これまでのほぼ全ての作品がそうなんですが、最初に出したやつは必ず後でダメなところにどんどん気づいて、合作の場合だと単品を出した時に完成版が出来る、そんな流れなのですが、それをもうやめたいと思い、今回はギリッギリまでねばって音作りをしました。その結果、まあそれなりにまとまってきたとは思いますが結局「まあ、それなり」レベル。しかもねばりすぎて、映像の方が全然間に合わなくなり(4割くらい使いまわし)、総合的に見ると絵も音も完成せず、おまけに締め切りにも間に合わなかったと、反省点しかない結果になってしまいました。

と言う訳で、私も参加させていただいた「im@s TUKU-tail Party BD2」がついに公開されました。今年もストレートなツクダロイドから、意外な方向のものまで、いい意味でバラエティーに富んだ内容になっていると思いますが、今回の参加者が全員昨年も参加されている方という事もあり、去年のパーティーを知っているとより楽しめる部分もちょこちょこあると感じました。お時間があったら是非そちらもどうぞ。

ちなみに、私のパートは去年の続きなので、去年のヤツを見てないとさっぱり分かりません。(見てても分からないらしい、、、)

参加者の皆様、超!乙サイティン!でした!

今年もパーティーがはじまるよ

bt_takane_01.gifすでに皆様ご存知の通り、「im@s TUKU-tail Party BD2」が開催されます。今年は7月8日公開との事です。と言う訳で今年も頼まれてもいないのに告知動画を制作しました。

実は当初、公開予定日として6月29日が挙がっていましたが、そのタイミングでは告知動画の完成が間に合いそうに無かったので、今年はツクるのを諦めていました。ですが、主催のmowtさんに確認したところ、公開が1週間ほど遅れるとの事なので、ならばもうちょっとがんばってみようかなと思い、そして完成してしまいました。

自分でツクっといて何ですが、完成してよかったのかどうか、複雑な心境です。(内容的な意味で)

また、こんな動画ですが、広告してくださった皆様ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。まさか広告してくださる方がいると思わなかったので、自分で広告入れてました。

takane_130707_01.jpg
おまけ画像:動画で使った貴音さん素材

あれから4年、、、

bt_takane_01.gif5月29日は、私がニコニコ動画に初めて動画を投稿した、すなわち、ニコマスPとして活動を開始して1年の区切りの日となります。昨年から1年の動画投稿数を振り返る事にしているので、今年も確認してみたいと思います。

昨年の集計方法と同じように、5月29日から翌年の5月28日までを1年とし、自分のアカウントで投稿した動画の数を数えます。参加した合作などは勘定に入れません。

  • 来店した回数
    1179回
  • 稼いだお金
    35,341,300円
  • 食べたおつまみ
    133,110g
  • 飲んだドリンク
    467,875ml
  • 獲得したDCCポイント
    3,035,683pt

DCCポイントも3百万を超えましたが未だに理保さんがってちょっとまってこれってドリームクラブゼロの実績じゃない間違えチタヨ。

大爆笑したところで実際の投稿数ですが、12年度は「8本(前年比:-2)」でした。個人的な事情ですが、通勤だけで往復7時間かかるような働き方を数ヶ月行っていた事もあり、その点を考慮すればこんなもんだとは思います。ですが、やはり順調な下降傾向にあります。

参考資料:私の投稿動画一覧

11年度と比較すると、メインワークの「DOLM@ンガシアター」以外の、参加した合作や企画に関連した動画の投稿が多かった様です。

投稿数自体は減っていますが、制作活動に関しては多分初期の頃とあまり変わらない程度に時間は割いていると思いますし、よく言えばより高度な事を、別の言い方をすれば余計な事をやりすぎているのかもしれません。

制作に時間がかかった原因として、12年度はなんだか分からないけど描けない時間が今までにも増して長かったです。初心に返って構図に関する書物を読んだりもしました。

また、「星井美希誕生際 in ニコニコ生放送」に関連して、何を思ったか初めての生放送を行いましたね。その後、頼まれてもいないのに0905Pの忘年会放送も企画したり、年末はずいぶんと生放送をやっていた気がします。

それと「ドリクラカフェ」!。ずいぶん通いましたが結局カードをコンプリートできませんでした。でも悔いは残っていません。十分夢を見れましたから。いや、でもこれ、ニコマス活動と関係ないな。

さて、13年度ですが、実はもう何年も前から「自分のオリジナルの漫画を描きたい」と思いながら実行できていないので、今年こそはそれを実行したいと思っています。その為、投稿数と言う点で見ればさらに細々とした活動になると思います。でも、美希誕の動画は作ろうと思っています。あと今年は「クリィミーマミ30周年」なので、この動画の続編的なのも作りたいです。

でもそんなに沢山作れないだろうなぁ。ちなみに今は昨年と同様、「im@s TUKU-tail Party BD2」の作業で忙しいです。

アイドルマスター超イラストコンテストに参加しました

dolma022_06.gif2013年4月27、28日に開催される「ニコニコ超会議2」において、「アイドルマスター超イラストコンテスト」が行われます。最近カラーのイラストを描いていない事もあり、思い切って私も作品を投稿してみました。普段こういったコンテストに参加することは少ないので、応募しただけでなんだかものすごく照れくさいです。

こちらの「ニコニコ静画」に投稿した方ですが、画像サイズが「2894x4093px」ととても大きいです。と言うのも応募規定が「A4以上」となっていて、A4を350dpi(IllustStudioの基本的な解像度)に設定するとこの大きさになってしまいます。結構参加されている方それぞれでサイズがまちまちなのですが、私なりの解釈でそのまま投稿しました。

一応こちらには25%のサイズのものを載せておきます。(下のサムネイルクリックで表示)

haruchiha_130415_02.jpg

最近、「どうやら作品全体にグラデーションをかけて合成モードで調整してやるとナウいイラストになるらしい」と言う事を覚えたので、今回試してみました。ただ、最後の最後で春香さんと千早さんにもそれを適用した方が良いのか結構悩んで、結局、ニコニコ静画には適用させた物を投稿してあります。ですが、適用しない方もやっぱり悪くないなと思うので、こちらには適用していない方を載せておきます。と言っても、並べて見ても分かるかどうかと言うレベルですが。

また、描きながら思いつきでやってみたのですが、実はこのイラストにはハートが5つあります。25%サイズだと分かりにくい物も有るかもしれません。

最後になり恐縮ですが、今回の制作にあたって、高田明美先生の著書「キャラクターイラストの描き方」と、私の好きな漫画家、ms先生のメイキングから多くを学んだ事を記載しておきます。

キャラクターイラストの描き方―女の子を可愛く描く キャラクターイラストの制作過程キャラクターイラストの描き方―女の子を可愛く描く キャラクターイラストの制作過程
(2011/02)
高田 明美

商品詳細を見る

CLIP STUDIO PAINT 使い方講座「メイキング ms」

発表!ほめられた数ナンバーワン!

bt_ryo_01.gif前回の動画(DOLM@ンガシアター 第二十八幕)を投稿してから、すっかり気が抜けて、ここ1週間は非常にだらだらとすごしていました。

そんな訳で、特に書く事も無いのですが、「ニコニコ大百科」に描いている落書きと「ほめられた」について、以前から思っていた事を書いておこうと思います。

私はいつも「DOLM@ンガシアター」を投稿した後、大体3、4日程度経つと、「ニコニコ大百科」の自分の記事の掲示板にコメントへのお返事と併せて、練習も兼ねた落書き程度のお絵かきをしています。(自分で落書きと言っていますがあれでも大体2、3時間はかかっています)

お絵かきには「ほめる」というボタンがあって、見た方がそれを押してくださると、マイページの「自分が描いたお絵カキコリスト」にその数が記録されます。当然、投稿してからどのくらい期間が経っているか、また、何時頃に投稿したかも影響するのだと思いますが、私の場合、ほめられた数は大体10前後くらいです。

さて、ここに3枚のお絵かきがあります。いずれも、まぁ、なんだこれ、、、と言う感じですが、実はこの中の一枚が私のお絵かきの中の「ほめられた数 第一位(20ほめ/2013年4月5日現在)」です。せっかくなので、ご覧になりながら考えてみてください。

nicohyakka_130405_01.png
タイトル:りゅんりゅん♪

nicohyakka_130405_02.png
タイトル:おっと、まなみさん、逃げ切れたと思ったら大間違いだ!

nicohyakka_130405_03.png
タイトル:ラーメン待機の構え

では、それぞれのほめられた数ですが、上から11、20、5で、第一位は「おっと、まなみさん、逃げ切れたと思ったら大間違いだ!」でした。

ほめられるから描くと言うものではなく、ほめていただけるのも大変ありがたい事であり、ましてや、まなみさんは全く悪く無いのですが、「自分が描いたお絵カキコリスト」を見る度に、何とも言えない気持ちになります。個人的には「ラーメン待機の構え」なんか気に入ってるんですけどね。

ちなみに、いざと言う時ブログに転載しやすいよう、ある時期からお絵かきの幅をブログの記事の幅と同じ「406pixel」で描くようにしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画