久しぶりに動画をあげた話

bt_dolma027_16.gifニコニコ動画に動画をアップロードした時、漢字で書くと「挙げる」なのか「上げる」なのか、または別の何かがあるのか、未だによく分かりません。調べればいいじゃんって話なのですが。

そんな訳で、告知動画にはなりますが実に14ヶ月ぶりに動画をあげたので書いておきます。

本当はもっと色々詰め込みたかったのですが、完成しないまま放送前々日になってしまったのでこれまで描いたものを素材と使って何とかアップロードしました。多分当日は10時くらいから翌日朝5時くらいまでひたすら作業していたのだと思います。そういう無理する感じも、計画性の無い感じも何だか懐かしいです。それでいいのかどうかは別として。

併せて、忘年会放送もよろしければよろしくお願いいたします。

もう12月20日ってえ何それわ、、、

bt_dolma017_07.gifニコマスのコミュニティ「ニコマス2009年5月デビューPの集い」(通称「0905」)の「忘年会放送」と言う物がニコニコ生放送でありまして、頼まれてもいないのにそれの告知動画を作っています。その為最近はブログを更新するヒマも無いのですが、あんまり更新が滞るのも自分としてはうれしくないので、無理やり更新しておきます。

この告知と言うのが意外と悩むところで、メールでお知らせするのも大げさですし、どこからどこまでが0905なんだと言う事もあったり、送っても迷惑メールフォルダに振り分けられていたり。ツイッターでつぶやくのも私のアカウントはそんなに皆さんが頻繁にチェックするようなものでもないので、「じゃあ動画でも作ろうか」と言う程度の軽いノリで始めたのですが、完成するのかどうか分かりません。

そんな訳で、デレマスもミリマスもやってないのに必要に迫られて描いたアイドルを載せておきます。

mirai_151220_01.jpg
春日未来ちゃん、、、ですか?これは?

rin_151220_01.jpg
渋谷凜ちゃん。こっちの方がまだ許されるかもしれません。

後はもうどれだけ端折れるか、みたいな感じになってます。既に。

ミキミキのお昼寝体操(生放送待機編)

bt_dolma030_04.gif奇跡の二週連続動画アップ。と言っても、幕間と生放送待機動画ですが。

そんな訳で、生放送待機用動画をアップしました。元々は別のところで使う予定の素材でしたが、最終的には生放送待機用動画にもするつもりだったので、予定通りといえば予定通りです。

AviUtlのカメラ制御と加減速移動について学ぶ事ができたのは良かったと思います。

コレでも使ってるんです、カメラ制御。

「ツクダリティの消失」のワールド

bt_dolma021_09.gifしばらくぶりの動画アップが完了したらとたんにやる事がなくなったので、「ツクダリティの消失」について書いてみようと思います。本当は動画の完全版が完成した後にでも書けばいい事なんですが、それがいつになるのか分かりませんし、聞かれてもいないのに言いたい事が色々有るので、今のうちに書いておきます。

と言う訳で、フルコーラス版がこちらです。一応初公開と言う事になります。

ちなみに「(13)」とは、作曲からミックス/マスタリング、さらにそれらを行ったり来たりして、13番目に制作したセットからエクスポートした音源と言う意味になります。私の楽曲管理はそんな感じです。

さて、この曲は「オリジナル ワールド」の続編にあたるという事も有り、実はコード進行とテンポが「オリジナル ワールド」と同じです。

と言っても、実は「オリジナル ワールド」は制作の初期段階でキーだけ決めたらDAWのプラグインがそれっぽいコード感を出してくれたので、コード進行については全く考えていませんでした。それは結果として「オリジナル ワールド」の反省点になります。

その為、まずは「オリジナル ワールド」のコード解析を行い、それにあらためてメロディーを付けたのが「ツクダリティの消失」です。なので、理論的に正しければ、この2曲を同時に再生しても違和感は無いはず、という事で、右に「オリジナル ワールド」、左に「ツクダリティの消失」を配置したのがこの音源になります。

なんか、変な感じですが、まあ、そこそこではないでしょうか。

そんな訳で、この2曲は「二つで一つ」みたいなところがあるので、制作中もそういった点を意識するようにしていました。歌詞なんかもそんな感じです。

それと、言われても気が付かないかもしれないのですが、実は「ツクダリティの消失」の最後のパート、メロディが平坦なので分かりにくいですが、実は「オリジナル ワールド」のAメロです。「コード進行が同じなら可能なはず」と思って、ちょっと遊んでみたところになります。

一応動画版も完成させるつもりはあるのですが、それはいつになる事やら。もはや「誰かに見てもらいたい」と言う事ではなく、「自分の中でけじめをつけたい」みたいな感じになってきています。意地です。それにミキシングもやり直したいんですよね。どうやら私のミキシングは中域に音が集まりすぎているのではないか、と言う事を最近感じます。

「ツクダリティの消失」を完成させよ (来年くらいに)

dolma021_13.gifあまりにもルーズで、自分でもビックリします。遅くても冬の発売祭には完成すると思われていた「ツクダリティの消失」は、全く間に合いませんでした。まだ若干時間は残っていますが、0905Pコミュニティの忘年会放送の準備にも着手しなくてはなりません。流石にこちらは「間に合いませんでした」ではすみません。

本当はツクダリティの消失の進捗、丁度先日「これだ!」って言う素材がかけたので、それをきっかけに36秒分くらいの映像を埋める兆しが見えたのですが、私の脳内零細企業「有限会社 プロフェッサーアンP」の専務が、「おーいいじゃん、じゃあこれアニメーションにしようよ」と、自社の事業を把握していないとんでも発言をした為、完全に納期遅延となりました。オレのせいじゃねーよ!

もうぶっちゃけるといつ出来るかわかりません。自分から見ても、むしろ「出来ない」と思っていた方が無難な気がします。

iori_131204_01.jpg
「成った!!」(北斗琉拳を体得したシャチ風)。久しぶりにいい感じで描けたと思います。

「ツクダリティの消失」を完成させよ その2

bt_dolma018_01.gifホント、誰か完成させてよ、これ。と思うくらい、何も進んでません。最近はなんか、「ストライクウィッチーズ」のねんどろいどで遊んでいた記憶しかありません。もうすぐハルトマン中尉もやってきます。

途中までは結構がんばれたんですがね、映像を足したり、描いたり、AviUtlでこんな事も出来るんだ、こうしたらどうだろうとか。充実していたあの頃、、、

いっそ、そのままとか映像なしとかで上げちゃおうかとも思わなくも無いくらい追い込まれています。一応冬の発売祭を目標にがんばってみます。

best3_u17_131130_01.jpg
全然描けないから思いつきで描いてみた今年お気に入りの3人。発表年は問わず。こういうのは描ける。IllustStudioでもペン環境整えようと思って描きながら整備してみましたが、考えたらトーンが無かった。

「ツクダリティの消失」を完成させよ その1

bt_ai_01.gifここ1、2年、言うだけ言って実行できてない事ばかりですが、懲りずに「ツクダリティの消失」をいい加減完成させたいと思います。

これが完成しない大きな理由として、正直なところ、自分でもどうしたいのかよく分からないと言う点が挙げられます。音楽に対して何か映像をつける必要があるのですが、自分で作ったくせにどういった情景なのか、全く思いつかないシーンが多々あります。

ですがもう〆切がある訳でもないので、ちびちびとラフを描いていると、なんとなくイメージが固まってくる感じがします。と言う事で今日は「アンバランス」を描いてました。キッチリとパースを取ったので、思ったよりも時間がかかりました。と言うか、途中で何がどの線だか分からなくなって来て、これ自体が何かのパズルのようでした。

0からツクっている訳ではないので、遅くても冬の発売祭(12/8)にはアップできればいいなー、と思っています。

tsukudality_131114_01.jpg

昨日書き忘れた事

dolma021_13.gif実は普段、VOCALOIDの歌を聴く事が多くないのですが、良い機会なので勉強の意味も込めて、人気の高いリンさんの曲をいくつか拝聴いたしました。が、音楽も映像も完成度が高く、あまり見ると自身がなくなるので、ほどほどにしておこうと思います。

さて、昨日書き忘れたのですが、例の「オリジナル ワールド」、冒頭で「Exciting song No.3」と表示されるのを見て「あれ?No.4じゃないの?」と思った方は、まさかいないと思いますが、「乙サイティングソング」は私の中ではエキサイティンソングとはやや別ジャンルなので、「No.3」なのです。

さすがにここまで書くと「アンP、ヤバクなー↑い?」と思うかもしれませんが、まだまだ暑い日は続きます。よろしくお願いいたします。

それと、仮面ローガイ様広告ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

オリジナル ワールド

bt_dolma027_16.gif本当なら遅くても7月中にはアップする予定だった「im@s TUKU-tail Party BD」参加作品「オリジナル ワールド」のソロプレイ版をやっとアップできました。とにかくミキシングが上手くいきませんでした。Partyに提出した時はこれでいいと思っていたんですが、聞けば聞くほど粗が見えてきて、直して、直らなくて、あきらめて、あきらめきれなくて、いつまでも君の事忘れないよ。これだけで歌が作れそうな感じでした。よく分かりませんが、そこで手こずったと言う事です。

一番のポイントになる「4月3日」については、動画の説明文に書いたので、より細かい所を聞かれてもいないのに解説してみようと思います。

■ストーリー

と言っても、私自身それほど細かく決めていたわけではないのですが、簡単に説明すると、

テノゴール嬢が伊織さんをオリジナルワールドに招待→伊織さん楽しい→もっとここにいたい→実はこれはオリジナルワールド終了(ツクダ倒産)前のサヨナラパーティー→明日は4月3日→4月3日午前0時→オリジナルワールド消滅→テノゴール嬢はメガハウスになった。

と言う感じです。

■ツクダオリジナル要素

original_world_01.jpg
このウサギが「オセロ」です

original_world_02.jpg
ヘビの魔法が「マジックスネーク」です。申し訳程度に上下の模様がそれっぽいです。

「ママに負けない」のは「ファーストママ」シリーズです。

「カクテルをツクったら」「12色のワルツで」は「TUKU-tail Party」自体を指しています。お一人棄権された方がいたので、11色になってしまいましたが。

original_world_03.jpg
伊織さんのこのドレス。言われても分からないかもしれませんが、「アクションバトルドーム」がデザインの基になっています。

「空気が抜ける89万光年」は、今期大流行の「バッキュマン」です。

「いつまでもこのままでいたい」は伊織さんの「フタリの記憶」から拝借しました。

「ララバイ」は子守唄、=おしまい。「ロンド」は主題が繰り返される音楽形式、=おわらない。つまり終わらないで欲しいという事を意味しています。

original_world_04.jpg
ラストのシーン、メガハウスに目が行ってしまうと思いますが、実はテノゴール嬢が右手につけていた飾りが、伊織さんの右手についています。手を伸ばしてキャッチしたのはメガハウスだけではなかったのです。

■ボーカルについて

例によって鏡音リンさんにご協力いただいていますが、今回は「リンレンアペンド」を使用しています。というか、TUKU-tail Partyにあわせて購入したと言っても大体合っています。「power」「warm」「sweet」と、全キャラクターを使用しています。あ、レン君はまだいいから、出番がきたら呼ぶからまだ座っててね。(ゴメンねレン君)

■MP3

まさに誰得なMP3を用意しました。オフボーカル版も入っていますので、ノベバキュで使ってみたり、歌ってみたりして下さい。

ZIPでダウンロード(9.37MB)

以上です。多少でも退屈しのぎになれば幸いです。

「オリジナル ワールド」は近い?

dolma022_20.gif最近は言った事を実行できない事が多いので、具体的にいつくらいかは明確にしませんが、「im@s TUKU-tail Party BD」に提出した「オリジナル ワールド」のシングルカット版をそろそろアップできると思います。そんな訳で、先行していくつか思う事を書いておこうと思います。

なぜこんなに時間がかかっているのか

全部ミキシングのせいです。私は悪くありません。「TUKU-tail Party」が公開されたあと、2週間か1ヶ月位でシングルカット版をアップするつもりでしたが、現在すでに公開から約7週間も経っています。そのほとんどがミキシングのやり直しで消耗されました。なんか、聞けば聞くほどだめなところが見つかったり、どうやっても直らない音のゆがみがあったり、ホント、あいつはひどいヤツです。

ラストのバックコーラス

そんなところまで気にする方はいないと思いますが、参考までにラストのバックコーラスが歌っている内容も書いておこうと思います。

逃げる 逃げる うさぎが逃げる
消える 消える 魔法が消える
止まる 止まる 空も海も
沈む 沈む 月が沈む
落ちる 落ちる 木から落ちる
覚める 覚める 夢から覚める
だけど 忘れないよ

完成!「勘違い系テクノポップ」

実はこの歌、「テクノポップに挑戦しよう!」と思ってツクりはじめました。まぁ、結果としては無理があったわけですが、何が一番無理だったかと言うと、「そんな事言ってるけど、お前普段テクノポップ聴かないじゃん」と言う点です。やっぱり、それぞれの物事を構成する要素が何かを理解していないとそうならない、そのように意識していなかったとしても、普段から接する機会の多い物事であればそれに対する理解は深まっていく、そして逆もまたしかり、と言うことだと思います。

そして「勘違い系テクノポップ」という新ジャンルが誕生しました。

何にしても、他にもやりたいことは山積みなので、できるだけ早めにアップしてもらいたいものです。(まるで他人事)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画