ドルマンガ、あがりませんでした。

bt_dolma018_01.gif実は私、シルバーウィークが1週間以上ありました。そんな訳で「よし!今月中にドルマンガあげる!」と意気込んではみたのですが、最近描いてなかったせいでしょうか、描けない時期に入ってしまいあがりませんでした。

別に来月でも再来月でもあげればいいじゃないかとは思うのですが、実は今年もニコマス0905年デビューPのコミュで忘年会放送があり、10月に入ったらその準備を行おうと思っているので、恐らく描いている時間がないと思います。

そんな訳なので、感覚を取り戻す為に描いてる「あすかさん」(DREAM C CLUB ZERO)を載せておきます。

asuka_150929_02.jpg
クリックで全身

ホント、やよいさんの誕生祭動画とか、美希さんの誕生祭動画とかも、何年前から構想だけ出来上がってるんだろう、と思わずにはいられません。

ドルマンガ、あがりますか?

bt_chihaya_03.gifはい!もうすぐあがります!

まるで、蕎麦屋の「今出ました」みたいなノリ。しかしそれはそれで蕎麦屋さんに対して失礼。

そもそもここは私のニコマス活動に関するブログであったはず。そうは言っても毎回毎回「DOLM@ンガシアターってなんだ?」って事になるのも面倒臭いんですよね。何にしても前回活動報告を行ってから約3ヶ月が経過しました。いやいや、そんなに経ってるはずないでしょう。(現実から目をそらす)

真摯な心で真実を語りますと、前回から2.5コマくらい進みました。一応今月に入ってから作業に時間を割くようになったので、、、年内にはあがるんじゃないかと思います。

ちなみに今回の話に出てくるやよいさんはこんな感じです。(ネタバレするので一部の台詞は隠してます)

dolma_150811_01.jpg

dolma_150811_02.jpg

dolma_150811_03.jpg

申し訳ない気持ちで一杯です。

ドルマンガ進んでますか?

bt_dolma012_04.gifハイ!進んでます!

ウソをつく時は自分でもそれがウソではないと自信を持って発言しないと、いかにもウソっぽくなってしまうので皆さんも気をつけてください。

実際どうなっているかと言うと、あまり進んでいません。大きな理由は2つあって、ひとつは他にも描いているというかやっている事があるから。もうひとつは「もうやらなくてもいいから!」と言うくらい、最近やたらとDJ放送をやっているからです。

また、その他の理由として「4コマ縛り」でお話を考えている事が挙げられます。私の場合、動画にした時に音楽に合わせて画像を切り替えるのですが、やっぱり4小節、8小節単位で考えるとキリがいいんですね。そんな訳で4コマで一区切りして話が進んでいく、と言う制限を設けたら作業が全然進みません。解き方を知らないでルービックキューブやっているような感じです。

そんな感じでネームを考えてみたのですが、現在予定されているコマ数が40コマと言う事になりました。ちなみに、4ヶ月かかったとされている第二十九幕が32コマ。第一幕は10コマです。

、、、やり方と考え方を変えた方がいいのかもしれません。

comicstudio_150508_01.jpg
ちなみに、最後の2コマはなぜか「ガンXソード」の第1話に出てきた秘書さんのラクガキです。

3月16日の様子

bt_chihaya_02.gif以前、日曜日の原宿、竹下通りに行った時に、あまりの人ごみで「もうココには二度と来ない」と思ったものですが、そうは言っても意外と私は人ごみが好きなのかもしれません。大した用もないのにわざわざ都心まで出て行く事があります。人が集まるところに発生する「活気」が好きなのだと思います。「何もないけどクリスマスは好き」なのと似ているかもしれません。

それはさておき。前回の記事で「明日からドルマンガがんばる」と書いたのですが、実際、その翌日はどうだったのでしょうか。振り返ってみようと思います。

  1. 休日だったのですが、いつもと同じ通勤電車に乗る。
  2. 新宿に到着する。以前から計画していた「24時間営業の店で朝からスタ丼を食べる」を実行する。
  3. 朝からニンニク臭くなったところであてもなくバスに乗る。(バスに乗りたかった)
  4. 渋谷駅に到着する。何となく山手線に乗る。
  5. 秋葉原駅に到着する。10時も半ばだったと思いますが意外とあいているお店は少ない。
  6. 上野まで歩く。
  7. 何となく帰ってくる。15時頃。
  8. 作業を始めるが思ったように描けず、「ガン×ソード」とか「FREEDOM」とか、アニメを見る。
  9. そんな事を繰り返したり、落書きしたり、そして一日が終わる。

作業をやったかやらなかったかで言えば「やった」なので、私の勝ちです。勝ちました。(ゴリ押し)

ドルマンガヨーイドン

bt_giant_ozaki_04_01.gifそもそもこのブログは、ニコニコ動画に投稿していた「アイドルマスター」の二次創作「DOLM@ンガシアター」に関する事を書くブログだったんですよね。だから記事先頭のアイコンもアイドルマスターのキャラクターがメインなんです。別に制作を中断していた訳ではないんですが、何だか色々あって随分と間が開いてしまいました。(まあ、実際には何があったのか覚えてませんし、別に大した事はなかったような気がします。)

ブログの記載を振り返ってみると、一応今年の1月8日にDOLM@ンガシアターに関する記事がありますが、そうそう、描くのが妙に時間かかるから何かおかしい、と言う話になって、ペンの調整に入って、なぜか必死でカラーイラスト描いて現在に至る、と言う感じだったのだと思いますが、流石にそろそろこっち側に力を入れても良いと思いました。

より楽に描画する為のツールは調整できた、と思います。前回(幕間を除く)の第二十九幕は描きあがるのに4ヶ月かかりましたが、第三十幕はもっと短縮できる、はずだと思います。と言う訳で、今日から作業再開です。

いや、やっぱり明日からがんばります。今日はもう寝ます。

年が明けて分かった事

bt_dolma012_04.gif別に年が明けたから分かったと言う訳でもないのですが、動画を作るのがどんどん遅くなる理由が分かったような気がします。

下絵も含めて完全にデジタルで制作するようになって丁度一年くらいになりますが、その下絵の段階で細かい部分まで詰められる様になって、それは自分の中で良い事だと思っていたのですが、結局そこで時間がかかっているようです。

dolma_150108_01.jpg

上は今描いてるヤツの下絵なんですが、この下絵だけで3時間も4時間もかかっている事に気が付いて、流石に「なんかヘンじゃないか」と思い、途中で止めたところです。

実際、この段階で線や細部を出来るだけ精査しておくと、ペンを入れる際に迷わなくて良いのですが、それで結局完成が遅れるのは、最終的な目的に対して良いのか悪いのか。なんだかもう考えるのが面倒臭くなってきました。

「じゃあ昔はどうだったんだ」という事で、DOLM@ンガシアターの第一幕1コマ目の下絵が下の画像です。

dolma_150108_02.jpg

アナログ作業ではどうしても消しゴムで修正するのに限界もあり、ラフな部分も目立ちますが、何より「あぁ、そうなのか!」と思ったのが、この頃は下絵の段階で背景の事を全く考えていないんですね。あと台詞も。とりあえず人物だけ描いて、後は「現場で合わせる」感じです。確かに適当に背景を描いていたなぁと思い出しました。

改めて考えてしまうと、「自分がペンを入れるのに必要最低限な下絵」の限界がどのあたりなのか、自分でいまひとつピンと来ないのですが、ゴチャゴチャ言ってないでとにかく描けばいつかは完成するので、がんばってください。私。

DOLM@ンガシアター 幕間(二十九-三十間)

bt_takane_01.gif動画をあげた後、その反応(反応があるかどうかは別として)が気になって、頻繁に見に来てしまうのが自分でも恥ずかしいので、しばらく出かけていました。

そんな訳で、「DOLM@ンガシアター 幕間(二十九-三十間)」をアップしました。前回からちょうど半年振りとなります。半年か、、、

そうは言っても、8月の上旬に「そうだ、幕間やろう」と思いついたようなので、作業以外に費やした時間云々を考慮しておおよそ2ヶ月間と考えれば制作期間的にはそこそこなのではないでしょうか。

あたかも、コード解析について教示するような内容ですが、実際には「こっちが教えてもらいたいよ」って事ばかりです。そんなノリでご覧いただければ幸いです。

そうだ、幕間をやろう。

bt_dolma005_09.gif最近はブログを更新する時間もままならないのですが、それでも先月は4回更新しているので、私自身としては割りと評価してます。

そんな訳で、やろうと思っている事にも中々時間が割けないのですが、そんな事言ってたら何も出来ないので、さて何からやろうかと考えたところ、やろうと思っていた事がたまっている分選択肢が多すぎて難儀しましたが、「DOLM@ンガシアター」の幕間を作る事にしました。そろそろやってもいいと思いますし、ネタもあります。

今回の幕間は「耳コピ コード理論」です。と言っても実際には私が皆さんに教えるのではなく、私の行った結果に対してむしろ皆さんからご指導をいただきたい、と言うような内容になる予定です。

今日何とかベースを入れて、音の準備ができました。とは言ってもこれからミックスして、録画して、作画して、編集して。まだまだ先は長いです。

音楽理論に詳しい方もそうでない方も、楽しめるようなものになればいいなー、と思います。

DOLM@ンガシアター 第二十九幕

bt_takane_01.gif実に1年以上ぶりで「DOLM@ンガシアター」をあげる事ができました。しかも制作には実に4ヶ月もかかっています。別に休み休みやっていたわけではなく、ほぼ毎日作業して4ヶ月です。色々な意味で何かがおかしい感じがします。まぁ、平日は通勤時間の関係で1時間しか作業できないんですが。なんにしてもこの、「再生数100くらい行ったかな?コメント20くらい付いたかな?見てみようか、もうちょっと待とうかな、見てみよう!あ、だめだ。」みたいな感じ、実に久しぶりです。

分かる人には分かる話ですが、ついに貴音さんが本編初登場です。細かく言うと「初主演」と言う方が正確かも知れません。

ところで、これまで何度も「今回から作業が完全にデジタル化した」と書いてきましたが、実はそれ以外にもいくつか変更になった点はあって、個人的に大きな変更と思うのが「瞳の描き方」です。「まてー!キャッツ!」「ゴメンねトシ!」の瞳ではなくて目の事ですね。

dolma_140419_01.jpg
上の図は第二十八幕の時の瞳です。これまではベタで塗りつぶした後にホワイトで書き込んでいくという方法でした。

dolma_140419_02.jpg
こちらは今回の瞳です。網掛けで濃淡を付けてホワイトで仕上げる方法に変えてみました。

そもそもが「少女マンガを描きたい」という事から始まっているので、今更ながらそっちの方向により近づけてみたという事にはなります。とは言っても、多少は近づいたかもしれませんがまだ少し遠い気もします。

それにしても、動画をあげた後のこの虚無感。これも久しぶりな感じです。さて次は何をやりましょうか。「明日くらい何もしなくてもいいっしょ!」とか考えてると、あっという間に一週間くらい経ってたりしますからね、、、

DOLM@ンガシアター相関図 2014

bt_dolma005_09.gif現在のところ、次のDOLM@ンガシアターまで、残りペン入れ7コマです。流石にあがらないという事も無いと思いますし、早ければ来週の週末、遅くても今月中にはあがると思います。今度こそ大丈夫だと思います。

しかし、前回のDOLM@ンガシアターから1年以上経過してしまっている事もあり、相関図でこれまでの人間関係をまとめてみようと思います。と言っても一部、まだ私が頭の中で考えているだけで、実際には話しに出てきていないような関係も含まれています。

dolma_20140413_02.jpg
クリックで大きく表示

相変わらず分かりにくいなぁ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画