FC2ブログ

「レベル補正」の効果

bt_dtm_01.jpg結局今回も画像を用意するのにずいぶん時間を取られました。

デジタル描画の恩恵というか、ズルさと言うか、コントラスト、色合い等、後からいろいろと補正することができます。私の場合は特に仕上げ段階での調整でお世話になっています。

CLIP STUDIO PAINTにおいて、ここ数年の間で特に使用しているのが「レベル補正」です。仕上げの段階で全体をまとめるのはもちろんですが、肌や髪など、特定の部分に対して個別に調整することもあります。

「レベル補正」を利用する理由は、明るさ、コントラストをRGB別で調整できるので、結果として色合いも調整することができ、結局これ一つでほぼ思ったような結果を得られるからです。

と言う事を踏まえて、今回は普段から感じている、「わずかな違いでも大分印象が変わる」事を確認してみようと思います。

条件としては完成したイラスト全体に対してレベル補正を行っています。実例は以下の通りです。

example_190421_01.jpg
レベル補正前、もともと「特に肌の影に対して普段入れないような色を入れよう」と思ったのですが、結果としては明るさ的にも色的にも濁った感じになってしまいました。

example_190421_02.jpg
レベル補正後、結局、本来の目的には届きませんでしたが、大分明るく、健康的な印象になったと思います。

とは言え、レベル補正前後でその違いがほとんど分からないかもしれませんが、描いている本人にとっては「あ!こっちの方が全然いい!」くらい違うんです。

具体的な設定の内容の内容についても書こうと思ったのですが、画像を用意するのに時間がかかったので、それは次回にしたいと思います。

ロックしたレイヤーと参照レイヤー設定

bt_riho_04.jpg それほど読んでくれる方がいる訳でもないこのブログを、毎週毎週よく律義に更新しているなと自分でも思う訳ですが、正直、「時間をかけすぎ」と考えています。ずっと前から。書くだけならばそんなにかからないはずなのですが、画像だの写真だのを用意すると、結局1時間2時間かかってしまいます。いや、本当に。と言う訳で、今回は小ネタをサクッと書くだけにします。

さて、その具体的な内容ですが、CLIP STUDIO PAINTでの「ロックしたレイヤーと参照レイヤー設定」です。

「参照レイヤー」を設定すると、そのレイヤーを基準(例えばペンで囲まれた範囲)にして塗りつぶしツールで色を塗れたり出来るので、何かと便利です。

ですが、ここでも書いているように、最近はペン入れにおいて、目の周りを完全に独立して描いています。つまりペンもそれぞれ別レイヤーになっています。

なので、目、特に瞳の下塗りの時、それ以外の場所の下塗りの時で、参照レイヤーを変更する必要があります。変更はそのレイヤーを選択して「参照レイヤーに設定」ボタンを押すだけです。

ただ、個人的なルールとして、目的の違うレイヤーに目的の違う描画をしないようにするため、作業中のレイヤー以外は全てロックしています。そして、レイヤーがロックされると「参照レイヤーに設定」が出来ません。

その為、瞳の下塗りをする場合には、一旦目周辺のペンレイヤーのロックを解除して「参照レイヤーに設定」し、再びレイヤーをロックします。ですが、これが意外と煩わしい。

「なんとかレイヤーをロックしたまま参照レイヤーを設定できないか」考えてたどり着いたのがこの小ネタです。

  • 参照レイヤーに設定する可能性があるレイヤーはそれぞれ個別のフォルダに入れる(下図の場合では「ペン」フォルダー内にある「メイン」と「目」です)。

ただそれだけです。

clip_studio_paing_190414_01.jpg

ただそれだけなんですが、こうすればレイヤーのロックを解除しなくても、「フォルダー」に参照レイヤーを設定できます。上の図で言えば、現在は「メイン」フォルダーを参照レイヤーに設定することにより、「ペン」レイヤーが参照レイヤーとして機能しています。

これで、これまでの煩わしさは解消しました。まあ、レイヤー構成が若干煩雑にはなりますが。

改めて書くと、結構利便性を感じられる環境が限定されると思いますが、個人的には結構ナイスアイデア、アイムクレバーな感じでした。

チェンジマイマインドの設定 02

bt_mio_02.jpg私はいわゆる「板タブ」の愛好家(液晶タブレットを買うお金がないとも言う)です。板タブの表面には「オーバーレイシート」と言うものが貼ってあり、使用しているうちにこれが摩耗するので、適当な時期に交換します。私のモノも大分表面のコーティング的な物がはがれてきたので、先日交換したのですが、新しいものだからなのか、そもそも購入時に付いていたものと表面の質感(何も考えずにスタンダートタイプを購入)が違ったのか、まるで紙やすりの上で描いているかのように、ペン先がガリガリ削れて行きます。

さて、今回もツールの設定を変えてみた話です。前回は色の塗り方「色混ぜ」についてでしたが、今回は「ペン先の形状」についてです。

CLIP STUDIO PAINTにしてもPhotoshopにしても、様々なブラシが用意されていますが、アナログでの描画から始まったタイプ(と言うか、、、世代)の私としては、どんなブラシも物理的なブラシとは同じような感覚が得られたなかったので、「いっそこだわらない方が潔い」と考え、これまでずっと単純な円形のブラシを使用してきました。

しかし、さすがにもう少し踏み込むべきだろうと思い、この機会に設定を見直してみました。まず、これまでのデジタル描画から得た経験から、具体的にどういったものが必要なのかと考えた結果、時には細く、時には太く塗れる筆、つまり「平筆」が必要だと考えました。

ではそれをどのように再現するかですが、いろいろ考え試した結果、「厚みを変えるだけでよい」と言う結論に達しました。なんというか、いまさら感しかありません。

具体的には「厚さ」をツールプロパティに表示させて都度設定を変えているだけです。併せて、平筆として使用するにあたりその利点を活かすためには、向きを変えられる必要があるため、「向き」も表示させています。

clip_studio_paint_190331_01.jpg
サブツール詳細ウィンドウより、厚さ:100、向き:90度の設定(この状態なら向きは関係ありませんが)。

clip_studio_paint_190331_02.jpg
同じくサブツール詳細ウィンドウより、厚さ:15、向き:45度の設定。

ちなみに、最初の頃はそれぞれの値を「スライダー」で調整していたのですが、使っていてそこまで微妙な調整は必要ない、と言うか分かりにくかったので、インジケーターに変更しました。また、以前も何かの時に書いた気がしますが、インジケーターの数値は独自に設定することが可能です。具体的にはインジケーターを右クリックし、「インジケーター設定」で調整します。

clip_studio_paint_190331_03.jpg
「スライダー」、「インジケーター」の変更も右クリックで選択できます。

ちなみに、私の設定は以下の通りです。

clip_studio_paint_190331_04.jpg
「厚さ」の設定

clip_studio_paint_190331_05.jpg
「向き」の設定

最近はペンの設定に関して、形状や「ペンの傾き」を利用した設定等、高度な話題を見かける事が多い中、なんとも単純な内容で恐縮ですが、これだけの設定でも広い面、細かい場所を同時に処理できるようになったので、私としては大分描画が楽になりました。

チェンジマイマインドの設定 01

bt_moutan_01.jpg最近音楽系の話が続いたので、イラストに関する事を書こうと思います。

2019年に入った辺りから、もう少し描き方を変えてみたいと言う事で、いろいろと掘り下げてみていますが、ツールの設定に関しても見直しました。その中の一つが「色混ぜ」です。

描画方法に関して掘り下げる為、いろいろな方の作品を見ていると、描画しながら色を混ぜているような、よく聞く言葉で言えば「厚塗り」のような、そういった方法を恐らくとっているのではないか、と思われるものが多いと感じました。また、私自身も「色混ぜ」による可能性の拡大について考えるようになりました。

と言う事もあり、「色混ぜ」を使用するようになったのですが、別に設定としては大した事はなく、単純にブラシツールで「下地混色」にチェックを入れ「色混ぜ」を選択しているだけです。

clip_studio_paint_190324_01.jpg

「絵の具量」、「絵の具濃度」、「色延び」の三つのパラメーターがありますが、その値に特に根拠はなく、「とりあえず真ん中ぐらい」の設定のまま今に至っています。ただ、「描画色を濃くしたい、薄くしたい」と思う事が割と多いので、その際は「絵の具量」を調整しています。

具体的なストロークの差で見ると、下図のような感じです。右がこれまでの「一定ブラシ」、左が「色混ぜブラシ」です。

clip_studio_paint_190324_02.jpg

個人的には「一定ブラシ=エアブラシ」、「色混ぜブラシ=油彩」のような感覚だと思っています。

参考事例として、過去の作品から2点挙げてみます。

clip_studio_paint_190324_03.jpg
「色混ぜブラシ」以前の事例、シャアたん。

clip_studio_paint_190324_04.jpg
「色混ぜブラシ」以後の事例、ウリたん。

まあ、改めて見ると、そんなに変化はないようにも感じます、、。

実際のところ、今は「色混ぜブラシしか使わん!」という訳ではなく、当然その都度最適と思われるブラシを使用する訳ですから、結局はそんなものなのかもしれません。

CLIP STUDIO PAINTいまさらメモ 15

bt_mio_02.jpg「武蔵野ロック研究所」、3回連続2週間で更新はできませんでした。ラフを描くとか描かないとかじゃなくて、また描けない時期に入りました。そういう時は何を描けばいいのか分からないし、描いてもあからさまにかわいくないのでただただつまらない感じです。そのくせ他のどうでもいい事とか今描かなくてもいいものとかはサクサク描けて、変に夢中になったりして、たぶんそういうのを「浮気」と言うのだと思いました。これだから男は、、、

それはそれとして、「本当に今更なCLIP STUDIO PAINTのあれこれ」の話をしましょう。今回は「レイヤーの結合」です。

特に下描きの段階では、体だったり髪だったり服だったり、それぞれ別々に描いて、まとまったら一つのレイヤーに結合すると言う事を私はよくやります。操作としては素直に対象のレイヤーを選択して、「選択中のレイヤーを結合」を実行する訳ですが、IllustStudioの頃は実行後に設定画面が表示され、「元のレイヤーを残す」事が可能でした。

clip_studio_paint_180923_01.jpg
ウィンドウ左下のチェックボックスで元のレイヤーの処理を選択。

CLIP STUDIO PAINTでも「選択中のレイヤーを結合」メニューはあるのですが、これ、実行すると設定も何もなく対象レイヤーがそのまま結合され、元のレイヤーも残りません。

clip_studio_paint_180923_02.jpg
クリック即結合、問答無用。

前述の下描き結合の場合などでも、結合したもののやっぱり元の状態からやり直したいと言う事もあるので、CLIP STUDIO PAINTでは対象のレイヤーを一旦全てコピーして、その後結合して、不便だなと思っていました。

ですが最近になって、「レイヤーの変換」で解決できる事に気が付きました。

特に難しい事ではなく、単純に対象のレイヤーを選択して、メニューから「レイヤーの変換」を選択します。

clip_studio_paint_180923_03.jpg
「レイヤーの変換」を選択、意外性

すると、IllustStudioでの「選択中のレイヤーを結合」と同様の設定ウィンドウが現れます。

clip_studio_paint_180923_04.jpg
左下のチェックボックス、まさにそれ!

「レイヤーの変換」と言われるとあまりそんな感じはしませんが、ちゃんと選択したレイヤーをまとめて結合もしてくれます。ひっかけ問題じゃ何だから。もう。

CLIP STUDIO PAINTいまさらメモ 14

bt_nao_01.jpg三連休になっただけで早速曜日感覚がマヒて、ブログの事をすっかり忘れてしまい、慌てて書いています。そんな訳で、例の「本当に今更なCLIP STUDIO PAINTのあれこれ」です。今回はツールの読み込みについてです。

現在はCLIP STUDIO PAINTの機能、操作にもずいぶん慣れましたが、ComicStudio、IllustStudioからスタートした私としては乗り換えるのにずいぶん苦労しました。

乗り換える際、困った事の一つがツールです。特に「下描き用鉛筆」に関しては独特の仕様(実際には鉛筆ツールではなくパターンブラシ)だったので、CLIP STUDIO PAINT既存の鉛筆ツールにはやはり馴染めず、IllustStudioのツールの設定と見比べて似たようなものを作って使っていました。

それからどれくらいの時間が経ったのでしょう。最近になってツールの整理をしている際にComicStudio、IllustStudioのツールが読み込める事に気が付きました。そりゃそうだろ、普通そうだろう、みたいな。

具体的には、例えばIllustStudioで該当のツールを右クリックし、「ツールセットの書き出し」を行います。

clip_studio_paint_180916_01.jpg
↑IllustStuidoの画面

すると拡張子「.tos」のファイルが作成されるので、CLIP STUDIO PAINTのサブツールパネルのメニューから「サブツールの読み込み」を実行し、そのファイルを読み込むだけです。

clip_studio_paint_180916_02.jpg
↑CLIP STUDIO PAINTの画面

CLIP STUDIO PAINTで作った下描き鉛筆にやっと慣れた今となっては本当に今更な話です。

CLIP STUDIO PAINTいまさらメモ 13

bt_riho_03.jpg少し前の記事にも書きましたが、CLIP STUDIO PAINTの様々な機能について、正しい使い方、知らなかった使い方に気が付く事が最近多いので、それらをまとめてみようと思います。正にいまさらメモ。

と言いながら、出だしは参考情報的にペンタブレットの話になります。この記事で書いた「タッチホイールはスクロールに設定した方が都合よかった話」の続きになりますが、ポインタがキャンバスに乗っていないと機能しないのは意外と煩わしく、また、スライダーとかに乗っている状態でうっかり回してしまうと、その値が変化してしまうと言う事もあり、ビビッて設定を元に戻しました(ズームのショートカット)。

それだとまた「異常反応」が発生するのではないか、と思われるかもしれませんが、意外と大丈夫でした。と言う状況から考えると、アプリごとに設定を登録していた事が原因だったのかもしれません。戻す時に面倒くさかったので現在は設定しないで使用しています。

次は「定規の表示」です。ComicStudioの頃から、定規へのスナップは表示のオンオフで切り替えて使っていました。使わない時は見えていても邪魔になるので。また、以前にも書いたような気がしますが、ComicStudioの頃は定規が「定規レイヤー」として存在していたため、レイヤーの表示非表示で切り替えられたのでとても楽でした。

CLIP STUDIO PAINTはどうかと言うと、対象の定規が描画してあるレイヤーを選択し、パネル上部の「定規の表示範囲を設定」から、チェックを外すのが基本だと思います。大した作業ではないのですが、意外と煩わしいですし、意外と「どれクリックすればいいんだっけ?」となります。

clip_studio_paint_180902_01.jpg
表示されるポップアップメニューの中からチェックを外して非表示にする。

なんか、書いていて自分でも頭悪いなと思いますが、実はこの定規表示設定、コマンドバーに追加できました。最初からあったのか、私が一旦消してしまったのか。そのあたりは不明ですが、コマンドバーに設定しておけばワンクリックで済むので、ComicStudioの時と同様に分かりやすいです。

clip_studio_paint_180902_02.jpg
コマンドバーの設定画面。あるじゃん、早く言ってよ。

clip_studio_paint_180902_03.jpg
コマンドバー上の「定規を表示」アイコン(定規の形状をしたアイコン)。クリックすれば表示、非表示が切り替えられる。とても楽。

意外と長くなってしまいましたがこの手の話がまだまだあるので、しばらくはこのネタで場をつないでいこうと思います。

やせた?(線が)

bt_riho_01.jpg最近になり、CLIP STUDIO PAINTの今更的な使い方(正しい使い方)にいろいろ気が付いて、それらは別途記事にしようと思うのですが、そんな事に関連して、先日の「武蔵野ロック研究所 018」で、妙に線が細くなったと感じた原因について書いてみようと思います。

まず自分の作業環境について少し説明が必要なのですが、4コマ漫画をブログに載せるにあたり、可視可読に配慮したサイズとポップアップする仕様を考慮すると、通常の漫画原稿用紙ではなくコマ単位で簡単に書き出せる環境が必要だと考えました。

と言う事で出来上がったのが1ページ1コマ仕様のページです。具体的には以下の画像のようになっています。

clip_studio_paint_180819_01.jpg

仕上がりサイズが実際の1コマの大きさ(85mm×63mm)、経ち落とし幅が10mm、その為キャンバスサイズとしては105mm×83mmになり、それが4ページで1作品となっています。つまり4コマ漫画1本で1作品扱いと言う訳です。経ち落として10mm余裕を持たせているのは、ある程度余白があった方が下描きなどを描きやすいのと、書き出し段階で多少位置を調整したくなっても都合が付くよう、仕上がりサイズより大きめに描いているためです。

さて、ここからが間抜けな話になるのですが、このページを画像ファイルとして書き出す際、キャンバスサイズが仕上がりサイズの別ファイルを作成して、そこに原稿をファイルオブジェクトとして読み込み、そしてそこから書き出していました。多分当時は何らかの事情でそうしていたのだと思います、、、多分。そうでなければ間抜けすぎますから、、、

本来であれば「複数ページ書き出し>一括書き出し」で、「トンボの内側」を指定して書き出せば簡単です。せっかく仕上がりサイズを設定しているので。

と言う事で「武蔵野ロック研究所 018」では本来正しいと思われる方法で書き出して、「あぁ、これは楽でいいや」と思ったのですが、改めて見るとなんだか妙に線が頼りない感じがします。

最初は自分の「ノリ」が悪かったのだろうと思っていたのですが、ここまでの経緯を考えると、もしかしたら書き出し方法の違いが影響しているのかもしれない、と考えるようになりました。

と言う事でそれぞれの方法で改めて書き出して比較してみる事にしました。書き出し方法としてはいずれも「複数ページ書き出し>一括書き出し」で、ファイルの種類はJPEG、書き出し設定は「出力範囲」を除き以下の画像のとおりです。(出力範囲が異なるのは、仕上がりサイズ等の設定有無により出力範囲の設定可不可が異なるため)

clip_studio_paint_180819_02.jpg

そして実際に書き出したのが以下の2枚です。1枚目が本来正しいと思われる方法、2枚目が今までのファイルオブジェクトを使用する方法です。

clip_studio_paint_180819_03.jpg

clip_studio_paint_180819_04.jpg

わずかの違いと言えばそうなのですが、実際本来正しいと思われる方法の方がやはり線がやせて見えます。本来正しい方を基準にすれば、「ファイルオブジェクトを使用した方が太くなる」と言った方が良いのでしょうか。

以上の結果を踏まえ、ではどちらが良いかと言うと「ファイルオブジェクトを使用した方」が私の好みです。であれば、これからもそっちの方法で書き出すのかと言うと、それもどうかと思います。いちいちファイルオブジェクト設定するのも面倒ですし。

問題が解決したために、「さてどうしたものか」と言う事態になってしまいました。

CLIP STUDIO PAINTいまさらメモ 12

bt_alice_01.jpg「武ロ研」は順調にペン入れ、仕上げ段階に進んだのですが、結局今週には間に合いませんでした。本当に、必死になって頑張ったのですが。(「言うだけならタダ」みたいな事を考えてる顔)

そんな訳で、ふと思い出した「あー、そういえばそんな事あった」的な、私の大きな勘違いに関して書いてみようと思います。具体的には「CLIP STUDIO PAINT」の「色の設定」、特に「カラーサークル」についてです。途中で大きく間違えているところがあるので気を付けて読んでみてください。

clip_studio_paint_180805_01.jpg
↑カラーサークル

カラーサークルを始めて見たのはホント、十数年前になるのではないかと思います。最初は抵抗感あったのですが、外円で色相を選んで、内部の四角で彩度、明度を選ぶこの方法は、思ったよりも使い勝手が良く直感的に色を選択できるので、ずっとこの方法を使っていました。

ただ、同様にずっと気になっていたのが「色の欠損」です。理屈で考えると彩度と明度は256x256段階になるので、つまり内部の正方形は「256x256px」以上の大きさがなければ選択できる色に欠損が発生する、と言う事になります。そう考えると、このカラーサークルは結構場所をとるので、ワークスペース的に意外と都合が悪いです。

そういった事情もあり、少し前まではカラーサークル以前の主流、「カラースライダー」を使っていました。これだって横256px無いと欠損するはずなのですが、少なくとも数値で指定したり、ボタンで数値を上下される事が出来るので、理屈で言えばすべての色を補える事になります。

clip_studio_paint_180805_02.jpg
↑カラースライダー

しかし、実際に数値を入力したり、ボタンでいちいちブラスマイナスして色を選択するかと言うと、自分にとってはあまり現実的ではありません。

そしてその問題何とかならんのかと考えた時、唐突に自分の大きな勘違いに気が付きます。それは「カラーサークルの彩度、明度は100段階」と言う事です。厳密にいえば0~100の101段階でしょうか、つまり内部の正方形のサイズは101x101pxと言う事になります。

「それくらいのサイズならいいんじゃないのか」と言う事で、私の環境での色の設定は再びカラーサークルに戻りました。一番最初のカラーサークルの画像のサイズで、欠損が発生しないジャストサイズ、だと思います。

まあ、そんな事言っていますが、実際にはもっとおおざっぱな感覚で色を選んでいます。(いつものノリ)

それはそれとして、武ロ研を必死になって頑張ったと言っている割には、こんなのを描いて「Pawoo」にあげている程度の余裕はあるようです。

sketch_180804_01.jpg

いや違うんだ、最近カラーを描く機会がなかったので、彼女とは塗りの感覚の確認だけの関係なんだ。(ある意味男らしい言い訳)

CLIP STUDIO PAINTいまさらメモ 11

bt_nao_01.jpg前回の「武ロ研」から1か月以上経ってしまいましたが、いまだに下描き段階なので何か適当な話で場をつなごうと思います。

とは言え、ココは一応イラスト系に特化したブログですし(本人談)、あまりベテランビギナーのギター談義ばかりになるのもいかがなものかと思うので、最近解決した「タブレットのタッチホイールに関する異常動作」について書いてみます。「CLIP STUDIO PAINTじゃないじゃん」と思うかもしれませんが、CLIP STUDIO PAINT上で発生する症状でしたので、一応そういう事にしてみました。

具体的には「ズームが異常反応する」と言う事なんですが、まずは当時の使用環境(今月頭くらい)を挙げてみます。

intuos_180729_01.jpg

と示されても分かりにくいと思うので、どうなっているのかと言うと、「タッチホールにズームイン、アウトのショートカットを登録」して使用していました。

さらに具体的に示すとこうなっています。

intuos_180729_02.jpg

そしてどういった症状が起こっていたかと言うと、タッチホイールにちょっと触っただけで異常にズームが反応してしまい、すぐに最小又は最大になってしまうので全く役に立たないと言う状況でした。この症状が早ければ起動直後、総合的な感覚では日に1、2回は発生すると言う感じでした。

ドライバのアップデートでの改善を期待していたのですが、一向に改善せず、そもそもインターネット上で同様の症状と解決策を探してみたのですが、全く見つからなかったので、おそらくウチの環境に依存する症状なのだと思います。

これが本当にストレスだったのですが、ある日何かのはずみでマウスのスクロールホイールを回したら、同様にズームするのですがその動作がものすごくスムーズなので、これはいいなと思いました。

と言う事で、タブレットの設定を以下のように変更してみました。

intuos_180729_03.jpg
何かで使うかもしれないので、キーストロークのズームも一応残してあります。また、他のアプリケーションでタブレットを使う事が基本的にないので、余計なアプリケーションの登録は削除しました。

その結果、タッチホイールの異常反応、と言うか、ズームの異常反応は発生しなくなりました。少なくとも設定変更以降、現在までの約1ヶ月間で発生回数は0回です。

と言う事なのですが、よく考えると根本的な原因の特定と解決には至っていなくて、現在の設定に見切りをつけたらいい結果になったと言う感じです。でもそれはそれでよいのではないでしょうか。

ただ、この設定も欠点があって、ポインタがキャンバス上にないとズームが反応しません。例えばポインタがレイヤーパレット上に乗っているので、タッチホイールを操作しても反応しなくて「ンモー」となる事がよくあります。ですが、異常動作のたびにタブレットドライバをバックアップから復元する手間に比べたらはるかにましでしょう。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示