XSplitの音声設定事情

bt_chihaya_02.gif本題に入る前に、前回の記事で書きもらした事を少し。実は本来USBミキサー(=オーディオI/F)である「ZENYX Q502」のUSBが外れています。これにより今まで悩まされていた「グランドループっぽいノイズ」から解放されました、おそらく。少なくとも以前にもまして気になりません。こうなってくるとなんで今までオーディオI/Fを2つも使っていたのか、と言う感じです。

ここから本題になりますが、そのUSBを外すきっかけになったのはこの「XSplit」の音声設定にあります。

まず「XSplit」ですが、簡単に言うと生放送配信ソフトです。無料版から有料版までいくつかの種類があります。「Niconico Live Encoder」の代わりとして概念やインターフェースがよく似ているので選択しました。もちろんNLEの方が真似したのだとは思いますが。また、私が使用しているのは「パーソナルライセンス」(有料版の安い方)です、ここでの話もそれを前提にしています。

細かい話をする前にまずはXSplitの音声設定画面を。

xsplit_160731_01.jpg

XSplitにおいてUSB接続のオーディオI/Fからの音声を拾う場合には「マイク」からオーディオI/Fの入力チャンネルを選択することになりますが、それだと何か都合が悪い事があったんだと思います。まるで他人事のような書き方ですが、すいません、もう2ヶ月前の話になるのでそれが何だったのか、よく覚えてません。モノラルでしか拾えないとか、そんな事だったような気がします。

となると、他の方法として「システムサウンド」でPCからの「出力」チャンネルを選択する方法があります。これが意外と曲者だったのですが、ニコ生配信でよく言われる「ステレオミキサー」とか「ループバック」みたいなものなので、「出力」されている音声でないと拾えません。つまり、前回の図にあるようにミキサーからの出力をPCの「ライン入力」に接続してもそもそも「入力」チャンネルの選択肢がないので、それだけでは拾いようがありません。

と言う訳で、PCのライン入力に入った音声をどこかに出力する必要があるのですが、以下の2点がポイントになります。

  1. システム音声と同じチャンネルを使用すると、システム音声(ポーンとか、ピコーンとか)も放送に入ってしまう。(ウチ的にはよろしくない)
  2. 音声自体はミキサーから別途スピーカーに対して出力されているので(前回の記事参照)、聴覚的な意味で実際に聞こえる必要はない。

と言う事を踏まえてウチの出力チャンネル、すなわち「再生デバイス」画面を見てみましょう。

sound_device_160731_01.jpg

基本的にはメインで使っているオーディオI/F「FA-66」のどれかを選択することになりますが、上記ポイント1により「規定のデバイス」に設定されている「Out1」は選択肢から外れます。と言う訳で「Out2」「Out3」のどちらかを選択する事になりますが、将来的に何かが接続される可能性がより低い「Out3」(光デジタル出力)を選択します。

その選択と言うか設定の方法も一癖あるというか、実際見てみて「へーこうなってるのか」と感心したのですが、具体的には以下のように行います。

  1. 「録音デバイス」画面で入力チャンネルである「ライン入力を」選択して「プロパティ」をクリック。
    sound_device_160731_02.jpg
  2. 「聴く」タブをクリックして「このデバイスを聴く」をチェック。
    sound_device_160731_03.jpg
  3. 「このデバイスを使用して再生する」から目的のデバイス、今回の場合ならFA-66のOut3を選択。

そして最後にXSplitのオーディオ設定で「システムサウンド」から目的のデバイス、今回の場合ならやっぱりFA-66のOut3を選択します。(一番最初の画像参照)

思ったよりも長い話になりましたが、ウチではこうなりました、と言う話でした。曖昧な部分もありましたが、やっぱりオーディオI/Fをひとつに出来たのは結果的によかったと思います。

最近のニコ生音声周り事情

bt_dolma018_14.gifWindows10が来た話で出てきましたが、Windows10を使い始めた(PCを買い替えた)事により、ニコニコ生放送の音声的な環境が結構変わりました。「Niconico Live Encoder」でクロマキー機能が使えなくならなければ変える必要もなかったのですが、結果としては全体的に簡素で使いやすくなった感じもしなくはないので、まあよかったのではないかと思います。

ウチにおけるニコ生の音声周りに対する要求は以下の2点です。

  • DAWの音声を放送に乗せられる
  • 音楽プレイヤーの音声を放送に乗せられる

具体的な接続としては以下の図のようになってます。

live_160724_01_01.jpg

簡単に言うと「ミキサーにまとめて配信ソフト(XSplit)へ送る」ようになっていますが、DAWを例にその順路を追うと、

  1. DAWからIEEE1394を通ってオーディオI/Fへ入る。
  2. オーディオI/Fからオーディオケーブルを通してミキサーへ入る。
  3. ミキサーからMAIN OUTとヘッドホン出力を使って音声を2系統に分ける。
  4. MAIN OUTはオーディオケーブルを通ってPCのライン入力へ入る。
  5. PCに入ったDAWの音声は配信ソフトを介し、インターネットを経由してニコ生へ送られる。

これだけだと私自身がDAWの音声を聞けないので、

  1. ミキサーのヘッドホン出力から出た音声はオーディオケーブルを通って「PC-2LIVE」(後述)へ入る。
  2. PC-2LIVEからオーディオケーブルを通ってスピーカーより出力される。

文字だけ読むとさっぱり分かりませんが、そうなっています。

では、その「PC-2LIVE」とは何かというと、「2系統の音声を一つにまとめるボリュームコントローラー」です。ミキサーと言えばそうかもしれませんがそうでもないような、単純にボリュームコントローラーでもないし、意外とこういう製品がなかったので商品名で表しました。

pc-2live_160724_01.jpg
便利そうなので買ったけど今まで使いどころがなかった一品。やっと出番が来た。ちなみに、2系統の音声のどちらかを「0」にする事は出来ないのでご注意ください。

「2系統をまとめる」と言っても、DAWと何をまとめているのか。それは「PCのシステム音声」です。図の中でさりげなく点線で書いてありますが、PCからオーディオI/Fを通って出力されるシステム音声は直接PC-2LIVEに送られています。

また、音楽プレイヤーの音声ですが単純にミキサーにつなげれば後はDAWの音声と同じです。とにかくミキサーにつなげた音声は放送にも乗りますしモニターもできる、と言う訳です。

ホント、毎回毎回パズルみたいです。

フーイズギルティ モノラル音声

bt_dolma018_01.gifPCも買い替えて、新しい環境でのニコ生設定も整って、ふぅ一安心、と思っていた私は、その音声がいつの間にかモノラルで出力されている事に気が付いて、肌が粟立つのを、覚えた。

そんな訳で、「Ping Pong Delay」でパンを左右に振ったキックのサンプルを使って、名探偵もビックリな事件の犯人を追い詰めてみたいと思います。

最初の容疑者は音の発信元、DAWの「Ableton Live」調べてみるとこの時点ですでにモノラルでした。たまげて腰が抜けました。原因はPCを新しくして、CPU使用率を気にしなくてよくなり、調子に乗って入れ替えたリバーブのステレオ感を調整するつまみが25%くらいになっていました。これをマスタートラックに直接入れてドライ/ウェット28%くらいだともうすっかりモノラルです。ギルティ。

次の容疑者はUSBミキサー。PCを入れ替えてOSがWindows10になった後からPC上での名称が変わって「マイク」的な表示になっていました。その時点で気づくべきだったのですが、改めてパンのバランスをいじってみると、左に振ると音が大きくなり右に振ると音が消えてしまいます。何でそうなったのか、ドライバーもちゃんと入れていたのですがとにかくモノラル(左チャンネルのみ?)出力です。マイク、ユーアーギルティ。

ちなみに、ギルティのマイクから犯行動機を引き出すのは面倒くさかったので、現在はただのミキサー(USBを抜いた)として更生して頑張ってくれています。

しかし本当の犯人はそれを扱う人間の心の中にいるのかもしれません。(ありがちなまとめ)

つか、ちゃんと面倒見ときなよ、私。アイアムギルティー。

ニコ生から出られない系DJ

bt_dtm_01.jpgニコニコ生放送でDJをプレイしている方が付けているタグに「ニコニコDJ」と言うものがあります。特に難しい定義がある訳でもなく、単純にニコニコ生放送やニコニコ動画でのDJプレイを指す様です。

私は当初、このタグは使っていなかったのですが、改めて考えると「自分はつくづくニコニコ生放送上でのみ活動できるDJだな」と思い、それ以降使用するようになりました。そんな訳で、その理由を場つなぎ的に書いておこうと思います。

■ラップトップがない

図々しくも「もし自分がブースに立ったら」と想像する事もありました。そんな事を考えながらも意外と気がつかなかったのが、「PCないじゃん」と言う事です。自宅に2台PCはありますがどちらもデスクトップです。特に「Ableton Live」を使用する私にとってはPCがなければ話になりません。外に出られません。

■曲がない

いわゆる「アニソンDJ」っぽい事をやっていますが、改めて考えてみるとそれは単純に「アニソンがそこにあったから」だけなのかもしれません。と言うのも、ニコニコ生放送でDJをやってみようと思った時、手元にあった、それなりに数のそろっている楽曲が「原盤許諾のアニソン」だったので、「じゃあこれ使おう」と言う事になったような気がします。「数がそろっている」と言っても、チョボチョボ買い足した程度のものなので、恐らく200曲程度しかないと思います。とても現場でのリクエストとかには応えられませんし、「今期のアニメ」とか、異次元のファンタジーです。

■度胸がない

そもそも、そんな人前に出てプレイとか。テキーラ飲まなくても倒れます。飲んでも倒れます。(お酒に強くない)

ちなみに、「原盤許諾楽曲」をDJプレイによって「改変」して良いのか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ガイドラインの注意事項には以下のような記載があります。

「音源に改変を加えた場合(リミックス、サンプリング等)は、削除される場合があります。」(原文より抜粋)

つまり、これこそ結構なグレーゾーンと言えるのではないかと思います。私の勝手な解釈ですが。

サタデーナイトフィーバー

bt_giant_ozaki_04_01.gif「描けない周期に入った」と言って描くのを止めたとしても、誰にも不利益が発生しないのは素人の楽なところだなぁ、と思います。そんな訳で特にブログに書ける様な事もありません。ですが、何故かブログだけは「月に5本、あるいは週イチ」で更新しなくてはいけないと言う変な意識があるので、ニコ生の予定について、例によって聞かれてもいないのに書いておきます。

DTM放送を始めたのですが、これが、ひどいんだ。内容というかスキル的に。だったらやらなくてもいいだろうと言う事にはなるのですが、「見てる人がいる(かもしれない)」、「リアルタイム」と言う要素は、なんと言うか、私に良い影響を与えてくるのではないかと感じます。ミスするとすごく反省しますし、自分のリプレイを見れる(タイムシフト視聴)のでより客観的に評価できます。

とか何とか言ってますが、結局は自分がやってて面白いだけなのかもしれません。

何にしても、練習は練習でやって、「発表会」的な事を定期的(隔週土曜日23時から30分)に行う事にしました。どちらかと言えば悪い意味で参考になるかもしれませんので、興味のある方は見てみてください。

まあ、本当にいつまで続くか分からないのですが。

ウチのNiconico Live Encoderさん(続映像設定編)

bt_dolma017_07.gif本当のところ、私がDTM放送をする必要があるのかないのかと言えば、全くないんですが、何が面白いんでしょうか、とにかくココ数日はずーっとDTM放送をどのように構成するのか、画面をどのように構成するのか、ビートメイクをどのようにこなせばいいのか、それに伴い、各機材のMIDIマッピングをどうすればいいか。そんな事ばかり考えていて、他の事が何も手につきませんでした。

そんな訳でブログ更新も遅れ気味だったのですが、以前出し惜しみしていたので、またウチの「Niconico Live Encoder」(以下NLE)について書こうと思います。

さて、映像設定で何が出来るかと言う事ですが、考えたらオフィシャルのヘルプがあるので、それについてはそちらを見ていただいたほうが良いでしょう(手抜き)。私もココ見て使い方覚えましたから。

そうは言っても、一般的には「メディアファイル」(画像)か「画面キャプチャ」を使用する事が多いのではないかと思います。また、「テキスト」は単純にテキストを表示するだけではなく、スクロールが出来るので、使い方次第で色々活用できると思います。

ところで、前回の記事で「意外と融通が利かない」と書いたのですが、具体的には何かというと、それらの登録した映像ソースの「大きさ」や「位置」等の設定が正確な数値で指定出来ない場合があります。

例えば私は今「960x720」のサイズで配信を行っていますが、その画面に対し、サイズ「960x190」の映像ソースを「X=0、Y=190」の位置に配置します。設定画面を閉じて再び設定画面を開いたり、別のシーンを選択してこのシーンに戻ってくると、サイズ「960x194」、位置「X=0、Y=187」になっています。

nle_150426_01.jpg
こんな感じです。

恐らくですが配信画面の解像度とアスペクト比に対する倍率が影響しているような気がします。と言うのも「960x720」や「960x720の映像ソースを640x480に縮小」ならぴったり収まってくれます。この辺も私ではよく分かりませんが、解決策をご存知の方はそれに従えば良いと思いますし、私は分からなかったので、きっぱりあきらめて、NLEが設定出来る値に合わせています。「まあ、それくらいならいいか」と思える程度の誤差ですし。

きっぱりあきらめても、イラストを入れてみたり、モニター上の必要な情報を切り取って組み合わせて配置してみたり、それだけでも結構楽しめると思います。(そんな設定で1時間半も経っていたりします)

実は三日くらい悩んだキュー抜き放送

bt_dtm_01.jpgこれもカテゴリーを「ニコニコ生放送」にするか「DTM」にするか悩むところですが、とりあえずニコニコ生放送にしてみました。DTMとして捉えると出力設定して終わり、と言う事になるので。

私の使っているDAW、Abletonの「Live 9」ですが、「キュー(Cue)」と言う概念があります。具体的にはメインの出力とそれ以外、例えばメトロノームとか、インストルメントのプレビューとかを分けて出力する機能です。どっちかと言うと、DJミキサーなんかで使われる機能なんだと思います。

どんな利点があるかというと、ニコニコ生放送(以下ニコ生)での利用を想定した場合、放送には出来あがっているトラックをメインで流して、自分は次に加える音源をプレビューしたり、メトロノームを聞きながら練習したり、クリップを録音したり、と言うように、相手に聞かせたい音と、聞かせたくない音を分ける事が出来ます。私が模索している時のフレーズなんかはやっぱり聞かせたくないですよね。問答無用でスケールから外れたりしますし。

そんな訳で、私もキューを分けて出力しようかなと思ったのですが、これが意外と手こずりました。とりあえず、機材と仕様と私の要望を書いてみます。

Behringer「XENYX Q502USB」(USBミキサー)

  • ASIO対応でループバックが出来るので、これ一台でDTM放送が出来る。お手軽。
  • 出力が2chしかないのでメインとキューを分けて出力できない。

EDIROL「FA-66」(IEEE1394オーディオI/F)

  • 6IN/6OUT(OUT5/6は光デジタル)
  • メインで使っている機器。特にDTMはやっぱりこれを使用したい。
  • PCのシステムサウンドやニコ生のコメント読み上げも基本的にはココから出力。
  • ループバックは出来ないので、直接DTM放送を行う事はできない。
  • ダイレクトモニタリング対応、ただしその出力はOUT1/2からのみ出力される。
  • ヘッドホン端子からはOUT1/2の音声のみ出力される

私の要望

  • 私の方はメインもキューも聞えるようにしたい。
  • 放送の為の設定変更は少なく済ませたい。
  • システムサウンドやコメントの読み上げも私の方では聞えるようにしたい。

という事を踏まえて、最終的にまとまった接続が以下の様になります。赤が私もあなたも聞きたい音、青が私だけ聞きたい音です。一応入出力の系統も書いて、より分かりにくくなりましたが、単純にINかOUTか、同系統か別系統かとして捉えていただければよいと思います。

nicolive_150419_01.jpg

実はこれ、FA-66がOUT3/4もヘッドフォンから出力してくれるのだったらもうちょっと楽だったんですけどね、MAINの出力をXENYXに送るだけですから。

ポイントをまとめると、

  • 普段からNLE(Niconico Live Encoder)ではXENYXを使用しているので、その設定は変えない。
  • その為、放送に乗せるメインは無条件でXENYXに送る。
  • そのままではメインがこちらに聞えないので、XENYXのMAIN OUTからFA-66のIN3/4に戻す。(IN1/2でも可だが物理的な構造上こちらの方が都合良い)
  • XENYXからFA-66へ入った音声はダイレクトモニタリングで聞く。つまり再びOUT3/4から出て行く事はない。
  • システムサウンドやコメント読み上げは特に設定の必要なく、こちら側にだけ聞える。
  • システム的な変更はDAWでMEINをOUT3/4に設定するだけ。(加えてミキサーのレベル調整)
と言う感じになります。

放送のシステム的には大分充実してきましたが、内容がそれに伴うかどうかは、まあやっぱり別の世界のストーリーである事は間違いないでしょう。

ウチのNiconico Live Encoderさん(映像設定編)

bt_yukiho_01.gif思った以上に懐が深いので、何を書けばいいのか分からなくなって後回しにしていた、私の「Niconico Live Encoder(以下NLE)」について書こうと思います。実際の画像はこちらからどうぞ。今回は画像下部にある「映像設定」についてです。

「映像設定」セクションは大きく分けると「映像ソース」と「シーンの切り替え」に分かれていて、「映像ソース」は放送画面に映す映像の登録や設定変更を、「シーンの切り替え」は映像ソースの設定を八つの「シーン」として登録し、必要に応じて切り替える事ができます。

私の場合は、放送開始時や画面を隠したい時などに使う「Waiting」、実際の放送画面の「Live」、放送終了時の「See You」と3つのシーンを登録して使い分けています。このシーンと言う機能は、初めてNLEを使った時に結構色々出来るなぁと、個人的に感心した機能の一つです。ただ、たまにシーンを変え忘れて、10分くらい「しばらくお待ちください」の画面が流れてる事もありますが。

では、そのシーンに何を登録しているのかと言うと、これがまた実に多機能であり、意外と融通が利かないところでもあるので、詳細はまた次回書きたいと思います。(出し惜しみ)

もっと簡単だったニコ生DTM放送

bt_dolma013_08.gif前々から、大した目的もなく買った「LaunchPad(しかも旧型)」をもっと使うべきだと思っていたので、暖かくなってきたこの季節、部屋にこもってDAW(Ableton Live)で遊ぼうと思った訳です。そうしていたら唐突に「以前考えていたような難しい接続をしなくても、ニコニコ生放送でDAWの音が流せるんじゃないか?」と言う事に気が付きました。

条件としては「ASIOに対応したループバック出来るオーディオインターフェース」が1台必要です。具体的に言うと例えば、以前大して必要ないのに購入した「XENYX Q502USB」(Behringer)です。「ASIO」も「オーディオインターフェース」も馴染みがあったのですが、「ループバック」(ニコ生でよく言われる「ステミキ」の機能)を必要とした事がなかったので、長い間こんな当たり前の事に気づけなかったのかも知れません。

そもそも「ループバック機能」とは何なのか。言葉で正確にかつ分かりやすく説明しようとすると、私の場合どんどん難しくなりそうです。よく言われるのが「PCの音をミキサーに戻す」機能、なのでしょうか?正確に言うとUSB経由で入力された音をMAIN MIXに混ぜて出力する機能と言えると思いますが、勢いよく分からなくなってくるので、もっと分かりやすい人の説明を参考にした方がよいと思います。

実際の接続例としては以下の通りです。以前の接続と比較するととんでもなく簡素になったと思います(省略している部分もありますが)。

nicolive_150328_01.jpg

せっかくなので、実例も書いておきます。

主な使用機材

  • NLE
  • Ableton Live(DAW)
  • XENYX Q502USB(USBミキサー)

nicolive_150328_03.jpg
Ableton Liveの出力先として、XENYX Q502USBで使用するASIOドライバを選択します。参考までにレイテンシーの情報も入れておきました。

nicolive_150328_02.jpg
XENYX Q502USBで必ず「TO MAIN MIX」を押します。ミキサーやループバック機能に疎い私が忘れがちなポイントです。これを押す=ループバック機能ON、です。ちなみに、上の写真のレベルは、ポータブルプレイヤーを接続して音楽を聴いていた時の設定なので、実際はMAIN MIXを調整するだけです。他の機器を使用しないのならば。

nicolive_150328_04.jpg
当然、NLEのデバイスは「XENYX Q502USB」に該当するものを選びます。

ただ、この設定だとどうしてもPCから出る音全てが放送に乗ってしまうので、システム音や棒読みちゃん等は必要に応じてミュートする事になります。

参考までに、実際に放送してみたのがこちらになります。視聴期限は限られますが載せておきます。


「放送放送」ってなんだよ。

ウチのNiconico Live Encoderさん(出力設定編)

bt_dolma013_11.gifこれまでも、それほど有意義な情報ではないのですが、悪い意味でも何かの参考になるかもしれないので、私の使用している機材やソフトウェアについての情報を書いてきました。ですが、意外と忘れていたのがニコニコ生放送を行う際の核となる「Niconico Live Encoder」についてです。これも2012年の忘年会放送の時にはもう使っていたので、結構こなれた感はあります。

nle_150322_02.jpg
(クリックで原寸大)

それじゃあと言う事で色々書こうと思ったのですが、実に様々な機能があり、やっぱり私なんかが知った顔して説明するのも限度があるので、とりあえず今回は順番に、基本設定左上にある「出力設定」について、私なりの考えと設定を書いてみます。とは言っても、基本的にはコマや画質の限界ギリギリを狙っている訳でもないので、それぞれの設定値についてはそれほど説得力はありません。

画質=25.00コマ/秒

これは正に説得力のない値で、単純に「ニコニコ動画」の推奨fpsにあわせただけです。と思ったのですが、改めて調べてみたら、現在「fps」と言う表現での推奨形式は使用されていないようです。私の勘違いかもしれません。少なくとも、一般的にはこのくらいだろう、そして、私がいつも動画を投稿するときのfps。と言う程度の数値です。

アスペクト比=4:3
解像度=640x480

アスペクト比と解像度はそこそこ関連性のある項目です。始めのころはやはり「ニコニコ動画」の通常モードプレイヤーに対する推奨値「640x360」を使用していたのですが、描いてみた放送においてアスペクト比16:9だと横に長いので、収まりが悪い感じがしました。一時は画面を適当に区切って、4:3に近いサイズの画面キャプチャーと併せ、シンボル的な画像を表示したり、サブ画面で動画が流せるようにしたりしていたのですが、設定上の数値的な部分で色々と面倒くさい事になってきたので、結局、収まりの良い640x480に落ち着きました。

また、「640x360」と「640x480」を比較すると当然「640x480」の方が画素数が多いという事になり、少なくともウチの環境においては「より画質が良くかつ安定して放送が出来る値」になります。

そんな放送がどんな感じになるかは、興味があったら私のコミュニティの生放送をタイムシフトで確認してみてください。最近(2015年3月現在)はやたらと生放送を行っているので、常に何かしらタイムシフトで見れると思います。


低レベルコミュニティ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画