スパーク(今週のDTM)

bt_riho_03.jpg今月はDTMをガンバル」の時に書き忘れたのですが実はもう一つ目標を立てていました。それは「ドラムトラックの制作には『Spark』を使う」です。

Arturiaの「Spark」はコントローラーとソフトウェアがセットになっているドラム音源ですが、私は「V Collection 4」に同梱されていたものを使用しているので、コントローラーは持っていません。

spark_170423_01.jpg
メイン画面

ドラムトラックの制作に「Spark」を使おうと思った理由は単純で、「使い方が分からないから」です。最初につまづいたポイントは「VSTとして使用している際、DAWで再生を始めるとSparkのシーケンサーも勝手に演奏を始める」事でした。その辺はむしろスタンドアローンでの使用を前提としているのでさすがと言えるのかもしれません。ちなみにこの現象の解決するには「HOST」ボタンをOFFにするだけです。

つまり、無理矢理使ってこういった不明点を解消しようというのが目的です。

実際マニュアルを見ながら動かして、ねらい通りいろいろと分かってきて、「こいつはいいな」と思いましたが、前述のとおりスタンドアローンを前提としているので、機能が充実しているがゆえに迷うところもあります。具体的には「DAWとSpark、どちらに打ち込めばいいんだ?」と言う事です。

spark_170423_02.jpg
Sparkのシーケンサー画面

当初は「Sparkの性能を最大限活かすためにはやっぱりSparkで打ち込むべきだろう」と考えていたのですが、各音源のボリューム、ピッチ、その他エフェクト等、細かい設定の変更もDAWのオートメーションとして記録できるので、結果、普通にDAWで打ち込むことになりました。

そんな感じで、おそらく基本的なところは押えられたと思いますし、実際、とりあえずプリセットを選んでその後自分の都合に合わせた調整も行っているのですが、今回あきらめたのが「モジュラー」です。

spark_170423_03.jpg
各音色の設定画面(概ね分かる)

spark_170423_04.jpg
モジュラー画面(概ね分からない)

この手の話も理解していれば各音色もより踏み込んだ調整が出来たのですが、人間時間にも能力にも限りはあるので今回はすっぱりあきらめました。と言うか、ちょっといじってみたのですが、外した線がどこにつながっていたのか分からなくなったり、元に戻せなくなったりして、これは触らない方が無難だと思いました。

コード(今週のDTM)

bt_dtm_01.jpgやりなれない事と言うものは精神的にも肉体的にもストレスになる様で、ただ座って鍵盤を押しているだけなんですが、なんだか妙に疲れます。

そんな訳で、とりあえず「Saturday night witches」のコードを割り出してみる事にしました。ちなみにスケールは「Dメジャー」だと思います。

割り出すのに土日だけじゃ終わらないだろうなと思っていたのですが、意外とあっさり出来上がりました。とは言え、基本ダイアトニックコードの3和音で構成されていて、いかにもビギナーっぽい感じです、しょうがないですね。しかもコードが行ったり来たりする(例:D→A→D→A)事が度々あるのですが、自分でやった事なのでなおさら「他にどうすればいいのか分からなかった」感がはっきり伝わり、なんだか結構恥ずかしいです。

具体的にはこんな感じです。さすがに入りきらないので2コーラス目からCメロ(Dメロ?)の部分を抜粋しました。それでも厳しいですが。

ableton_170416_01.jpg

そんな感じでまとまりましたがこれでもそれなりに苦労していて、よくあるのが「違うコードにつなげたつもりだったのによく見たら同じコードを転回しただけだった」と、「構成したコードが理論的に存在しているかはっきりしない」です。

こちらも素人なのでそれでもいいのかもしれませんが、そうは言ってもモヤモヤするので何とかしようと思い結局簡素なコード(3和音のダイアトニックコード)に落ち着く、と言う事なのでしょう。

ジミー(今週のDTM)

bt_mayuge_2_01.jpg今月はDTMをガンバルマン」と決めているので、今週末は「ウィッチクラフトワークス」の「Saturday night witches」をコピー?リアレンジ?またはリミックス?する作業を進めていました。意外とこの自分がやっていることに対するうまい表現が見つかりません。「リミックス」が一番向いているような気はしますが、音源から抜いたりサンプリングする訳ではないので、何か違うような気もします。

制作に関して、具体的にどういった作業を行うかと言うと概ね以下の通りです。

  1. 原曲のメロディーを解析する。
  2. メロディーからスケールを求める。
  3. スケールを基にコードを構成する。
  4. 各トラックを作成する。
  5. ミックスする。
  6. マスタリング的な事を行う。

実はこれまでの作業で2までは終わっています。と言う事で次は3になるはずなのですが、当時の私は「ボーカルの作成」を始めていたのでとりあえずそれを引き継ぐことにしました。3を飛ばして4をやっている感じです。

使用するツールは「CeVIO Creative Studio S」です。「VOCALOID」も使えればおもしろかったのですが、Windows10になって「VOCALOID2(ライブラリ含む)」が使えなくなってしまったので、もうどうしようもないです。しゃんなかタイ。

と言う訳で、今週末は「文字を打つ」、「聴く」、「調整する」、「聴く」、「調整する」、、、と言う地味な作業をひたすら繰り返していました。地味なのに加えて妙につらかったのは、「ボーカル×4」、「バックコーラス×2」、「コール的なもの×2」の計8トラックも作っていたからかもしれません。

cevio_170409_01.jpg
見た目的には立派ですが実はボーカルはそれほど差別化されていないので、そこはもうちょっと考えた方がいいと思っています。

cevio_170409_02.jpg
知らない方と私からすればなんだか分からない「タイミング調整」画面。でもとりあえずいじっていると何となくわかってきます。とか言ってますが、実際は大して調整していません。

「コール的なもの」に関しては「CeVIO」の特性を活かそうと「トーク」で作ってみたのですが、無理せず「ソング」で作った方がよかったような気がしなくもないです。

cevio_170409_03.jpg
「ソング」と比較して、より調整がシビアな「トーク」。今回の作業で思ったのですが「抑揚」は低めにしておいた方が楽です。いかにもマシーンなボイスになりますが、不自然に抑揚が付くよりは扱いやすいと思います。

なんにしても、この週末で概ねまとまったのでその点では満足しましたし、来週以降の作業が楽しみです。

今月はDTMをガンバル

bt_dolma005_09.gif昨日書いたM-Audioの「Code 49」ですが、実はM-Audioのサイト(国内の販売代理店ではなくて本体の方)では、プリセットエディターが配布されています。まあそれも去年の8月に配布開始されているので今更な話ですが、危うく見落とすところでした。それと、Ableton Liveの現在のバージョン(9.7.1)ではコントロールサーフェスにCodeシリーズが追加されています。と言っても、Ableton Liveの環境設定で「Code series」を選ぶ以外は「MackieControl」の時と同じで、ハードウェアでもMackieモードを選択するようです。どこにも詳細が載っていないのでよくわかりませんでしたが、とにかくそれで動いています。

と、余計な話が終わったところで、唐突に今自分が持っているMIDIコントローラーを改めて数えてみると、

  1. Ableton Push 2
  2. Novation Launchpad S
  3. Novation Launchkey 25
  4. Novation Launch Control XL
  5. Novation Launch Control
  6. M-Audio Code 49

と、異常に充実しています。それに対して何をやっているかを考えると、考える必要もなく、何もやっていません。

これはイカンです。社会的悪と言う訳でも制裁が加えられる訳でもありませんが、とにかくイカンと思います、と言うか恥ずかしいです。

さすがに何とかしなくてはと思ったので、今月はDTMをがんばる事にしました。具体的に何をするかと言うと、

  • 1年以上前に着手していまだに完成していない「Saturday night witches」のコピー/アレンジを完成させる。
  • 土日はDTM作業に使う。
  • 制作には「Code 49」を活用する。
  • ミキシング/マスタリングには「Push 2」を活用する。

を基本的な目標として制作します。「Saturday night witches」を作ろうと思った時の目的でもあるのですが、こういったコピー/アレンジをすれば、発表の場としてニコ生でアニソンDJっぽい放送をする理由にもなるので、なかなか合理的だと思います。

という決意を固めるためにあえてブログに書いてみました。書いたら安心しました。そんな訳で来週からがんばります。(がんばらなそう)

猫と小判とDTM

bt_riho_03.jpg49鍵のMIDIキーボードなら以前購入した「THE LABORATORY 49」がありますが、正直、いくつか利きづらいボタンがあったり、現在のソフトウェアではハードウェアの特性を活かしきれなかったり、スタンドアロンで使用する場合とVSTとして使用する場合で動作が異なったり(詳細は省きますが私の使用環境が影響している可能性もあります)と、物自体は嫌いではないのですが細かい不満が出てきました。おまけに例によってとっくにサポートが終了しています。ただ、それで困るかというと実際は大して困りません。なぜならほとんど使っていないからです。

そんなある日の事、ヨドバシカメラのオンラインショップで一応気になる商品として登録していたM-AUDIOの「Code 49」が、突然約7,000円も値下げして27,000円くらいになり、目を疑いました。

そんな訳でいつものように、値下げした店舗とお金さえ払えば何でもできる世の中に責任を転嫁して、たいして使いもしないくせに新しいキーボードを図々しく購入しました。

code49_170401_02.jpg

このキーボード、一番気にっているのは「四角い見た目と色」です。前にも書いた気がしますが、ハードウェア、ソフトウェアを選ぶ際に「見た目」も重視するアーティストの方は意外といるようです。紙面や知り合いの経験者からもそういった話を何度か聞いた事があります。理由としては「モチベーションが上がる」からです。

また、左側についたパッドも独特な感じで気に入っています。見た目通りちょっと叩きにくい位置にありますが、動作は十分です。ただ感じとしては「固い板の上に薄めのゴムを敷いた様な感じ」です。極端に言うと本当にわずかにパカパカした感じもするので、パッドに長けた方だと好みが分かれるかもしれません。ちなみに、力の乗せ方が結構影響する仕様で、指1本と2本で叩くのではベロシティの値が全然違います。ある意味使い分けると表現の幅が広がるのかもしれません。

もう一つの特徴として、「HID(Human Interface Device)モード」が使用できます。具体的にはいくつかのボタンを「パソコンのキーボード」として使用できます。Ableton Liveを使用している自分としては適当なボタンにキーボードの入力、例えばtabやtab+shiftを登録できればアレンジメントビューとセッションビュー、デバイスビューとクリップビューの切り替えが出来て便利なのにと、以前から強く思っていたのですが、それがついに実現しました。ただし、XYパッドのマウスパッド使用に関しては「一応動く」程度です。実用性はないと思ってよいと思いますが、価格、全体の機能、本来の目的から考えれば特に問題はないでしょう。

code49_170401_01.jpg
ボタンの色も変えられるので視覚的にも分かりやすく出来ます。

と言う事で、私としては良いものが良い値段で買えたのでもうこれで満足です。いやー、よかった。それでいいのかどうかを考えるとなぜか罪悪感が発生するので、あまり考えないようにしておこうと思います。

昼休み音楽室

bt_dtm_01.jpg最近DTMに関する話題が全くなかったので、何とかならないかなと思っていたのですが、よく考えたらありました。と言っても、やっぱり「DTM」と言うには語弊がある「Pocket Operator」に関連した話です。

Pocket Operatorを買った時の話にもあるように、仕事の昼休みはピコピコやって、よく分からない何かを作ったり、リズム感を養おうとしたりしています。そんなある日ふと「そうだ、将来的に『武ロ研』の曲を作ろうと思ってるんだから、この時間を活用しよう」と思った訳です。

最近は、平日、仕事から帰ってきた後は武ロ研、週末はカラーのイラストと、DTMというか音楽関係の事に手を出している隙がありません。そんな私に、どうせやる事もない昼休みは正にうってつけ。ご飯を食べる間を惜しんでPocket Operatorをいじってます。

そんな訳でとりあえずまとまったのがこれです。

もちろん最終的にはギター、ベース、ドラムの構成にしようと思っていますが、それはいつになる事やら、、、

ちなみに、録音はiPhoneの「GarageBand」、オーディオインターフェースはLine 6の「Sonic Port」です。

pocket_operator_170211_01.jpg

「Sonic Port」はやはり「Sonic Port VX」と迷いましたが必要最低限の機能と価格、それと物理的なサイズで選びました。実際、VXを選んでいたら今使っているケースのSonic Portスペースには収まらなかったでしょう。収まらなかったのかな?もしかしたら収まるんじゃないか?考えないようにしよう。

豚と真珠のDTM

bt_chihaya_03.gifとにかく、「動画を作らなくなった」というのがDAWをいじらなくなった一番の原因なのかもしれません。動画も音楽も作りたくない訳ではないのですが、最近はイラストや「武ロ研」が自分の中では優先事項になっています。

さて今回のお話は「使いもしないのにソフト音源を買った」と言う内容になりますが、話の発端は2013年に「Arturiaのキーボードを買った」所から始まります。このキーボードに付属していた「ANALOG LABORATORY」と言うソフト音源、基本的には実在したシンセサイザーをモデリングしたソフトの簡易版を集合させた音源なのですが、これがAbleton Liveの内蔵音源とはまた一味違った方向性で、素人的には「音」として分かりやすく好んで使っていました。

それからしばらくして2016年1月、ArturiaからANALOG LABORATORYに収録されているシンセサイザー等のソフト音源の完全版をまとめた「V COLLECTION 4」のアップグレードに関する優待販売のお知らせが来ました。うろ覚えですが本来500ユーロ程度(今現在の換算で約60,000円)が期間限定で69ユーロ(約8,300円)。当時すでにDAWをいじる機会も減っていたのですが、割引率の高さと気に入っていた音源と言う事もあり、とりあえず購入しました。

ただその音源、2016年の間に使ったのか使わなかったのかと言えば、使っていないと思います。「起動させた」記憶はあるような気がします。(気がするレベル)

そして今年の同じく1月。さらにアップグレードした「V COLLECTION 5」のオファーがありました。今度は499ユーロが99ユーロ。しかし前年に「使っていない」と言う決定的な実績があるので「安売りしたって、かっ、買わないんだからね!」と決意したものの、うっかり内容を見てしまったら「Piano V」というアナログピアノをモデリングした音源が新たに収録されています。

自分の現在の環境だとアナログピアノ音源の選択肢が少ないので、それをもう少しどうにかできたらいいなー、と、若い頃(DAWをよくいじっていた頃)思っていた私にはなかなか魅力的な存在。でも「だったらPiano V単体で買うから!安売りされれば何でも買うような安いユーザーじゃないんだからね!」とけじめをつけたのですが、肝心のPiano V単体の価格を見たら「199ユーロ」。何かがおかしいこの世の中、ここから先はあえて書く必要はないと思います。手のひらの上でクルクルと見事に踊る私にArturiaもさぞご満悦だった事と存じます。

v_collection_170205_01.jpg
ソフト音源は音を出して曲を作るものです。眺めてうっとりするものではありません。

プッシュアンドミー

bt_mayuge_2_01.jpgそんな訳で、せっかく「Push 2」も手に入ったので、最近はPushベースでのトラックメイキング的な事にも挑戦していますが、「えぇ、最近はPushで全部完結しますね」とか言えるのは、まー、いつになる事やら。多分来世になってからだと思います。

半額以下で買えたとは言え、プレイスキルもない私がなぜそんなにPushを欲しがったのかと言うと、2つ大きな理由があります。一つはAbleton崇拝だから。もう一つは「ミキシング/マスタリングの際に重宝するから」です。

相変わらずそういったコミュニティに縁がないので、他の方がどんな感じなのかさっぱり分かりませんが、私の場合、歌モノではミックス時にトラックが20とか30とかになっていたと思います。多分。最近作ってないのでよく覚えてませんが。

そうなると、MIDIコントローラーではトラック数的にも操作的にも追いつかないですし、トラックボール(トラックボール派)で操作するにしても、さすがにそんな大きな構成だと、トラック選択、デバイス選択、パラメーター選択もわずらわしくなってきます。

そこで役に立つのがPushです。PCのモニターを見なくてもトラック、デバイスが把握できますし、ノブが「相対的な操作」なので、とにかく回せば言う事を聞いてくれます。個人的にはこの「相対的なノブ」が本当に操作しやすくてうれしかったです。

また、特にPush 2ではトラックをカラーで表示してくれるのでパートや関連性などで色分けしておくと視覚的にも分かりやすいです。

push_161224_01.jpg

ちなみに上の画像、各トラックに任意の色で設定した空のクリップを入れて、セッションビュー表示にしています。これはPush 1の時の名残です。当時は画面表示もトラック選択ボタンもRBGカラーではなかったので、こうやってトラックを色分けしていました。個人的にはナイスアイデアだったと思っています。

プッシュミー!

bt_dtm_01.jpgAbletonが「Push 2」を発表したのがたぶん1年ちょっと前くらいだと思います。普段そういった情報を追いかけていない分、すごく唐突に表れた感じがしました。でも、価格的には「それじゃ」と唐突に買えるような価格ではなく、「Push 1」よりも高価になって約10万円。ただ私、その時思ったんですね、「待ってればまたセールが来る!」って。

それがいつ頃だったのか、何のタイミングだったのかは覚えていないんですが、確か「Push 1」は発売してしばらく経ってからAbletonがセールを始めたんです。それに合わせて国内の販売店でもセール価格で取り扱われるようになって、「これなら買える!」と言う事で私は「Push 1」を購入しました。

と言う訳で、いつか来るそのタイミングを虎視眈々と狙っていたのですが、ついに「ホリデーシーズンセール」が始まり20%オフになりました。では国内の販売店ではどうかと調べてみると、さっそくヨドバシカメラが7万円で取り扱いをはじめていました。妙に安くなりすぎてる感じもしましたが、こちらとしては大助かりです。

さらに、私は単にセールのタイミングを待ってただけではなく、「Push 1」もヨドバシカメラで購入したと言う事もあり、コツコツとヨドバシカメラのポイントを貯めていました。その額が約27,000円。と言う訳で、セールとポイントを合わせて半額以下で購入することが出来ました。ありがとうホリデーシーズン。

Push自体、1でも2でも根本的なところは同じなので、特に不安に感じるようなところはなかったのですが、一つだけはっきりしなかった事があります。それは「Abletonの機材バッグに入るのかどうか」と言う事。

push_161211_01.jpg
Abletonの機材バッグ。ゲン担ぎに5人の魔女をいけにえに捧げています。

と言うのも、まるで「Push 1」に合わせて作られたようなこのバッグに対して、「Push 2」は縦と横が若干大きいのです。それぞれ約1cm程度。結構そう言ったわずかな差で泣きを見る事が世の中にはいろいろあったりするのですが、、、

全く問題ありませんでした。むしろちょうどいいくらいです。

push_161211_02.jpg

と言う訳で、購入に関してはすべてがうまく言った感じだったのですが、「使用」と言う事に関して言えばいろいろ問題があり、そもそも最近は曲を作る事がなくなってしまったのに、こんな立派な機材を購入してどうするのか、正に宝の持ち腐れ、豚に真珠です。ブヒーッ。

実際使ってみると、「これ、ニコ生でDTM放送するのにすごく都合いいな」と思う所もあるのですが、スキルと、それ以前に「センス」が色々と足りないので、うーん、どうしたものか、と言う感じです。

push_161211_03.jpg
「Push 1」と比較して特にすごいと思った事の一つ、一部のパラメーターはオーバーラップで表示されます。さすが高額機材。よ、ようこそいらっしゃいましたー!

ド素人トラックメイキングメモ 03

bt_mayuge_2_01.jpg 先週は「今月もう4回も更新してるんだったら今日は書かなくていいだろう」と思って、意図的にブログを更新しなかったのですが、今週は書く事がなくてさてどうしたものか、といった感じです。そんな訳で場つなぎ的にド素人のトラックメイキングについて書いておこうと思います。

前回とりあえず作ったトラックですが、聞いていると何と言うか単調で、もっと曲としての展開が欲しいと思いました。と言う事で色々いじった結果がこれです。

と言っても、これももっと音を足したりデバイスを使ったり、まだまだ出来る事があるなと思うので、また時間をつくっていじってみようと思います。

ちなみに、ビスもついでに若干修正しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画