FC2ブログ

小さな便利屋「Utility」と位相反転

bt_dtm_01.jpg 結局、「Circuit」は修理に出てしまいました。症状が出たり出なかったりなので、「症状再現せず」で戻ってこないか心配です。

そんな訳で、実機を使ったネタが書けない状況と言う事もあり、また、前々回に書いた記事で後日書くとしながら書くのを忘れていた事があったので、その辺の事を書いてみようと思います。

まず、その記事にあるCIRCUITとPO-35を使用する「自分が使いたかった目的」とは、「アニソンのリミックス」です。リミックス事態興味はあるのですが、そういった事に向いていてかつ自分がなじみがあり、また、実際多数の作品が出回っているものと言うと「アニソンのリミックス」になります。

ただ、どうしてもコピーライト的な制限があるので、完成したとしても行き所の無い作品になってしまいます。それでもなお挑戦しようと思う理由について、「ボーカルトラックの抽出」がありました。

オフィシャルでリミックスを作る際にボーカルトラックの提供があるのかどうか、なければ作れないと思うのであると思うのですが、その辺の事情はよく分かりません。ですが少なくともオフィシャルでない私がリミックスのためにボーカルトラックを用意するには、「既存の楽曲から用意する」しかありません。

理屈としては「通常版」と「オフボーカル」を用意し、片方の「位相」(音の波形的な方向)を反転させ重ねればいいのだろうと分かってはいました(つまり「オフボーカル」がないと抽出できません)。分かってはいましたが実際に試したことはなく、また、設計図に書いたように上手くはいかないはずとも思っていたので、技術的に挑戦してみる価値が大いにあります。

ableton_190217_01.jpg
「音」とは「振動」なのでその向きが真逆の振動を与えれば相殺されて音が消えると言う理屈。それを応用して、ボーカルのある曲(一つ目のトラック)にボーカルのない曲の振動を逆にして重ねれば(二つ目のトラック)ボーカルだけが残る(三つ目のトラック)と言う、「本当にそんなうまくいくのか?」的な方法。

技術的な事は恐らくもっと専門的に解説しているサイトや動画等を観た方が参考になるでしょう。なので、ココでは私が「これだけは話しておきたい」事を書いておきます。それは「Ableton Liveで位相を反転するには『Utility』」と言う事です。

「位相の操作」に関してはボーカルを抜くと言う事に関わらず、ミキシングの基本的な事になります。私もミキシングに関してそれなりに参考書などを読みましたが、よくある事例としてはミックスした結果なぜか音が小さくなってしまう。原因は異なるトラック間の音源がちょうど逆の位相関係になっている事。その解決方法の一つが「位相の反転」です。

その為、当時「Ableton Live」で使える、位相を操作できるプラグインを探したのですが、意外と見つからず相当苦労した結果、マニュアルを読んでいて気が付いたのが「Utility」です。

ableton_190217_02.jpg
地味すぎて気が付きませんでした。

「Utility」自体は位相操作の他、ゲインやステレオ等の操作ができる、何かと重宝するオーディオエフェクトです。上の図の実際のデバイスでオレンジ色に点灯しているところが位相(デバイスで言うところの「フェーズ」)反転スイッチです。ステレオであれば当然左右それぞれ異なるチャンネルなので、それぞれに対するスイッチがあります。ちょうど左側の「インフォビュー」(便利)に情報が表示されていますが、そちらも参考になると思います。

つまり、Ableton Liveで位相を反転する時は、「Utilityを入れてフェーズボタンを押す」だけでいいと言う事です。ですが、自分でも書いていていろいろと心配なので、正確な情報に関しては現マニュアル439ページを参照してください。

プレイ アンド スピーク

bt_riho_03.jpg「PO-35 speak」を買ったのは、これを使ってNovation「Circuit」の使い方を模索しようと言う狙いがあったのですが、そのCircuitが故障しました。と思ったら直りました。実は私の機体ではたまに発生するのですが、左側のパッドの広い範囲を中心として押していないボタンが異常に反応します。一旦電源を切って、パッド全体をバシバシグリグリやっているととりあえず治まる事が多いです。治まらない事もあります。大丈夫か、コレ。

それはそれとして、PO-35をもう少し掘り下げてみようと思います。今回はちょっとがっかりした話です。

使い始めて、思っていたのと違った点が一点だけあるのですが、それは「録音の音質」です。製品の性質上何らかの音、強いて言えば「人の声」を録音して加工、再生する訳ですが、実際録音してみると意外と音質が低いです。場合によっては音程も失われるレベルです。購入前にいろいろな動画を参考にしていたのに意外と気が付きませんでしたが、そんな訳ないと思い改めてそれらの動画を見たら、たしかにそんな感じでした(ただしTeenage Engineeringのプロモーション動画を除く)。

と言う事で、この手の話をしているのに音源がないのは野暮なので、1トラック作ってみました、昼休みを利用して、コツコツと。

いくつかの音源を録音しましたが、冒頭で再生される「ベイベー」がメインで使用されているものです。音階や長さの違いはありますが、冒頭部分はエフェクトをかけていない状態なので、その違いを確認してみてください。

本当にこうなのかと思い、Web上の情報をいろいろ探ってみると、海外の方のサイトでマニュアルには載っていない「隠し設定」について触れているものをいくつか見つけました。それによると実は録音の音質を変更する(=録音できる時間長に影響)事が出来るようです。具体的には「record + FX + 1~4のいずれかのボタン」です。

「ほらあった!」と思ったのもつかの間、この設定具体的にはボタン1から順番に「80FPS」、「60FPS」、「40FPS」、「20FPS」となっていて、これがどういう意味なのかは当然公式な説明がないので分かりませんが、そのままの意味でとらえれば「80FPS = 1秒間に80回サンプリング」となります。もしそうだとすればCDの音質、「44,100Hz = 1秒間に44,100回サンプリング」と比較してもずいぶん大きな違いです。

ちなみに上記のトラックは「80FPS」で録音したものを使用しています。

ちょっと自分が使いたいと思った目的とは違うかなと思ったのも事実ですが、それを考えなければこれはこれでアリです。

その「自分が使いたかった目的」については、また次回書こうと思います。

それと、トラックの後にノイズが入っていますが、それについても後日書こうと思います。昭和世代の人なら説明がなくても大方分かると思いますが。

箱ボロ特価をねらえ!

bt_moutan_01.jpg先日、teenage engineeringの「PO-35 speak」を購入しました。購入した経緯はまた別途書こうと思うのですが、一つの引き金になったのが「アウトレット品が出ていた」からです。具体的には今回のテーマである「箱ボロ特価」で、現在の市場価格が概ね12,000円なのに対し、約9,000円でした。

私は結構アウトレット品にはお世話になっていて、よくあるのは「チョイキズ」「展示品」そして「箱ボロ」ですが、「箱ボロ」に関しては本体には破損、使用感がなく、その割に結構値引きされていて、アウトレットの中でも特にお得感があると思っています。

ですが、ネットショップでの買い物では具体的な状態が分からない事も多いので、話のネタ的に、3,000円も値引きされるような箱ボロがどんな状態なのか、あくまでも一例として載せておこうと思います。

今回の場合は「擦れあり」と言う事だったのですが、具体的な状態はこうです。

po-35_box_181223_01.jpg

値札か何かのラベルをはがしたのでしょうか、確かに擦れていますが内部に影響があったとは考えにくいですし、実際PO-35は1週間程度使っていますが外見的にも機能的にも特に問題はありません。これで3,000円引きだったら相当お得だと思います。

そうは言ってもやはり「一例」なので、実際の状態はアウトレット品それぞれにより当然異なります。例えばここでも書いていますが、「Holy Grail」に関しては「箱破損」と言う事で大分大きな穴が開いていました。「さすがにこの箱を取っておいてもしょうがないか」と思い廃棄するレベルでした(もちろん本体には問題ありません)。

出来るだけ安く購入したいけど状態が気になると言う方は、やはり一度店舗に問い合わせた方が良いでしょう。

ちなみに、PO-35(pocket operatorシリーズ)は箱の構造上、開封すなわち箱破損です。

po-35_box_181223_02.jpg
じゃあ、なおさらOK!

夢のペダルボード ルーパー編

bt_riho_04.jpgエフェクターではないんですが、自分のペダルボードの救世主(スペース的な意味で)的な存在、VOCUのパワーサプライ「Baby Power Plant」についてはココですでに書いているので、自分の使っているエフェクターに関して、あまり参考にならないウンチクをたれられるのも今回が最後になります。来週からのネタ作りが心配です。

最後は配列的にも購入的にも一番最後のMOOREのルーパー、「Groove Loop」です。

最初は個人的な好みから、「ココはやっぱりエレハモの『Nano Looper 360』」と考えていたのですが、このサイズでもペダルボード内に収まりそうになかったので、人気も高く安心感のあるTC Electronicの「Ditto Looper」でほぼ決めていました。

ですが、そろそろ注文しようかと考えていたところ登場したのが、MOOREの「Groove Loop」です。これを見たとたん「やっぱりコレ!」と、手のひらを返した訳ですが、その決定的な理由は「ドラム機能」です。

一般的なルーパーは(特に小型のものは)ギターで使用した際、「いかにしてリズムパートを入れるか」が使いこなす一つのキモになってくると思います。いくつかのルーパー動画を見ても、アコースティックならボディーを叩いたり、エレキギターの場合はあらかじめ録音しておいたり、また、ピックアップにスマートフォン等のプレイヤーを近づけて直接録音するなんて方法もありました。

「Groove Loop」の場合は8ジャンル×2種のリズムパターンが内蔵されているので、手軽にリズムパターンに合わせた録音ができます。また、ルーパーのみ、リズムパターンのみの使用も可能なので、広く応用が利きます。もちろんテンポの変更(タップによる設定ですが)もできますし、しかも価格も低め(「Ditto Looper」よりも安い)。

guitar_memo_181216_01.jpg

結構いいとこ尽くめな気がするのですが、あまり話題に上がらず、また「MOORE」というブランドもあまり聞いた事ないなと思っていました。そういった意味では少し不安があったのですが、使った感じではその心配は不要で、(他と比較した訳ではありませんが)音質的にも機能的にも、全く不満はありません。むしろ私のスキルが追いつかないので申し訳なく思います。

ちなみに、「聞いたことないブランド」と思っていたのですが、しばらく使ってから自分のエフェクターにつけている「スイッチキャップ」のブランドである事に気が付きました。結構いろいろな店舗で見かける製品なので、もしかしたら「MOORE」と言って話が通じなくても「スイッチキャップ作っているところ」と言った方が分かるかもしれません。

guitar_memo_181216_02.jpg
全てのエフェクターにMOOREのキャップをつけています。ただしMOOREのエフェクターを除いて。色が被るしこっちの方が質感的に合っていたので、、、

夢のペダルボード リバーブ編

bt_riho_05.jpg 次の「武蔵野ロック研究所」はペンを入れているところなのですが、もう少し時間かかりそうなので、例によって自分の使っているギターのコンパクトエフェクターについて、あまり参考にならない話を書こうと思います。

今回はリバーブ、Electro-Harmonixの「Holy Grail」です。いつの間にかペダルボードの中でも大分お尻の方まで来てしまったので、このネタで間をつなぐ事に危機感が出てきました。

以前この記事でも少し書きましたが、箱破損の為格安のモノが出てきたので、予定よりも大分早く購入したエフェクターです。

実をいうと「Holy Grail」との付き合いは意外と長く、一世代前のもう少し大きい形(一番古いものよりは小さいタイプ?)のモノを持っていました。その当時、私が見た限りではリバーブと言うとBOSSかElectro-Harmonixの二択だったのですが、スプリングリバーブに定評があった事と、シンプルな「ワンノブオペレーション」が素人の私には分かりやすかったので「Holy Grail」を選びました。

当時の事情を付け加えて要約すると、「サーフィンインストを練習するのに都合がよかった」訳です。

と言う事で、最近は思ったよりもいろいろなリバーブが出ていますが、そういった経緯も含め、概ね「Holy Grail」に決めていたところに、アウトレットが登場して決定打になりました。

guitar_memo_181202_01.jpg

「Tone Tattoo」と合わせるとちょうど足りない要素を埋めて機能的な幅が広がりますし、やっぱりこのシンプルな操作が煩わしくなく、良い買い物ができたと思います。

夢のペダルボード マルチエフェクター編

bt_mayuge_2_01.jpg先日スタジオで練習していたら、途中から音がやたらとんがった感じになり、何かおかしいなと思いながらも練習を続けていたのですが、終わり際になって案の定、ワウが入ったままになっていた事に気が付きました。

そんな事もありながら、自分の使っているギターのコンパクトエフェクターについて、あまり参考にならない話を書こうと思います。今回は私のペダルボードの起点、Electro-Harmonixのマルチエフェクター「Tone Tattoo」です。

「スタジオで練習したい」と思った際、併せて「だったらエフェクターの一つや二つ持って行った方がいいだろ」と思いました。とは言っても必要なエフェクターと言えばオーバードライブ程度しか思い付かなかったので、「マルチエフェクターが一つあれば何かと都合良さそうだ」と考えました。

と言う事で楽器店のサイトでマルチエフェクターを見ていたのですが、ブランド別で見ていると「Electro-Harmonix」を見かけました。私としてはElectro-Harmonixはファズの「Big Muff」、リバーブの「Holy Grail」のように、単機能に特化したエフェクターのメーカーと思っていたので、「マルチエフェクターなんか出してたんだ」と言うような印象でした。

昨今のマルチエフェクターと言えば、「歪み系何種類、モジュレーション何種類、アンプシミュレーター何種類、、、」のように、デジタル処理され、豊富な機能が売りですが、実際見てみるとElectro-Harmonixのマルチエフェクターは「ウチのこれとこれを(物理的に)くっつけてみました」みたいな感じで、そんな「やっぱりエレハモ」な感じがすごく魅力的でした。確かに、豊富な機能はうれしいんですが、使いきれない事が多いのも事実ですし。

そんな訳で、歪みの「Metal Muff」、コーラスの「Neo Clone」、ディレイの「Memory Toy」と、機能的にも粒ぞろいの3種を「合体」(正に合体)させた「Tone Tattoo」を購入することに決めました。

guitar_memo_181125_01.jpg

個人的には歪み系はもっと普通のオーバードライブだったらありがたかった感はあります。「オーバードライブもディストーション(Metal Muff)も一緒だよ」程度に考えていましたが、「Metal Muff」はやっぱり名前の通り、結構なメタル感でした。

マルチエフェクターとしては非常にシンプルな構成、シンプルな機能ですが、豊富な機能を使いきれない自分としては、やっぱりこれがちょうどいいと思います。

夢のペダルボード ワウ編

bt_riho_01.jpg「エフェクター」と「ペダル」だったら「エフェクター」の方が分かりやすいと思うのですが(特に国内では)、「エフェクターボード」と「ペダルボード」だったら断然「ペダルボード」の方が言いやすいので、私の文章では取り扱いに統一感がありません。

と言う事で、自分の使っているギターのコンパクトエフェクターについて、あまり参考にならない話を書こうと思います。今回はいろんな意味で迷ったワウペダル、HOTONEの「VOW PRESS」です。

ワウについても、「使った事無いから使ってみたい」と言う勢いだけで入れたのですが、最近はコンパクトなワウペダルが台頭してきているので、そういった点でもペダルボードに入れやすく、購入に拍車をかけました。

物については見た目の四角っぽい感じや、やたら主張してくるメタリックパープルが気に入ったので(後述の機能面も含む)、早い段階で「VOW PRESS」に決まりました。音にこだわりがない分、ここではほとんど迷いませんでした。

迷ったのは入れどころ。そもそもエフェクターの順番に絶対的な決まりはありませんが、やはり理屈に基づいた「定石」はあります。ワウに関しては知識が乏しかった事もあり、楽器店、プレイヤーなどの情報を参考にしたのですが、コンプレッサーの前か後で意見が分かれる、と言うか割とどっちでもいい的な感じでした。

ただこの「VOW PRESS」、実はワウだけでなくボリュームペダルの機能も備えていて、さらにペダルを踏みこんで切り替える事が可能です。となると、ボリュームペダルの視点で見れば、やはりコンプレッサーの後の方が合理的だろう(音量を揃えるコンプレッサーの前で音量を変化させても効果が低い)と思い、順番が決まりました。

次に迷ったのがペダルボード内での「物理的な位置」。ペダルボード全体の画像を見ると「それ遠くないか?」という位置にあります。

実際、足元に近い方が操作しやすいだろうと思い、最初はチューナーとワウは位置が逆でした。ただそれだと大方の予想通り、ワウを踏み込んだ際にチューナーがオンになってしまいます。と言う事もありダメもとで位置を入れ替えてみたのですが、思ったよりも悪くはありませんでした。

guitar_memo_181118_01.jpg

実際使ってみると、やっぱりピッキングやリズムに合わせてワウワウさせるのは難しいです。自分でもタイミングが全然合っていなくて笑えます。ただ、「今日は音がなんだか変だな」と思いながら弾き続け、最後になって「ワウが入ってたか!」と気が付くのはそろそろ直したいと思います。

夢のペダルボード コンプレッサー編

bt_riho_03.jpg「武蔵野ロック研究所」はまだ下描き3枚目なので、さて何を書こうかと思ったのですが、話のジャンルがあっちこっち行き過ぎてもまとまりがないので、引き続き自分の使っているギターのコンパクトエフェクターについて書こうと思います。今回は今までのアナログコンプレッサーの中で最もファンキーなアナログコンプレッサー、Electro-Harmonixの「Tone Corset」です。マイク・マシューズ(Electro-Harmonixの創設者)がそう言うのだから間違いありません。

ギターを始めて手にしたころから、ギターのエフェクターとしての「コンプレッサー」は度々目にしていたのですが、当時は「パッコーンとなる」程度にしか思っていませんでした。ですが現在ではDTMをかじって、コンプレッサーと言うものについて少なくとも分かった気にはなっているので、ペダルボードを組む際、コンプレッサーは必ず入れたいと思っていました。

実際のところ、それはコンプレサーが必要と言うよりも「使った事無いから使ってみたい」程度の理由だったのですが。

その程度の理由と言う事もあり、どれを買おうかと考えた際、比較的安易に「Tone Corset」に決まりました。Electro-Harmonix好きと言う事もあるのですが、デザイン的にも好みですし、価格も概ね12,000円程度なのでお手頃でした。意外とElectro-Harmonixの小さいサイズのエフェクターは価格面で比較的お手軽な感じがします。

他のコンプレッサーを使った事がないので比較はできませんが、ONにすると音の粒がそろうのがはっきり分かるので使いやすいです。ソロパートで使用すると結果として「上手くなった」ように聞こえるので、そういった点では「これ使っていいのかな?ズルくないか?」と言う気もしてきます。

とは言え、ピッキングのニュアンスを活かしたかったり、ギター本体のボリュームで音量をコントロールしたい時にONだと都合が悪いので、使いどころを考えさせられるのも面白い所です。

guitar_memo_181028_01.jpg

必要性を考慮して買った訳ではありませんが、現在では「外せないエフェクター」と言える1台です。

夢のペダルボード チューナー編

bt_dtm_01.jpgCLIP STUDIO PAINTの今更情報は、ネタがない訳ではないのですが、改めて見ると言っている事が細かすぎて分かりにくい内容ばかりなので、流れで「夢のペダルボード」の各ペダルについて書いてみようと思います。とりあえずIN側から順番にと言う事で、今回はチューナー、TC Electronicの「PolyTune 2 Mini」です。ただし、性能だのレビューだのに関してはオフィシャルや経験者の方の情報を見た方がはるかに参考になると思うので、全く参考にならない購入までの経緯に関してです。

限りあるペダルボードの容積に対していかに効率よくペダルを収納するかを考えた時、チューナーには他のペダルにはない選択肢が存在すると思います。それは「ペダルにするか、クリップにするか」と言う事です。クリップタイプ(ギターのヘッドにはさんで使うタイプ)を使用すればそれだけペダルボードに空きが生まれます。

実際私はペダルにするかクリップにするか悩んでいました。どちらの場合でも「PolyTune」シリーズにする事で概ね決まっていたのですが、他のペダルとの兼ね合いもあるのでもう少し全体の構成が具体的になってから決めようと考えていました。

そんな事を考えながら某楽器店に入ってウロウロしていたところ、ペダルだったらこれと考えていた「PolyTune 2 Mini」が約7,000円で売られていました。現時点での価格を見ても概ね10,000円程度、中古でも6,000円台なので、最初は「あぁ、中古か。中古か?」と思っていました。

とりあえずその日はそのまま帰ったのですが、次の日になっても「中古だったのかあれ?中古じゃなかったら何でそんな安いんだ」と、気になって仕方なかったので、思い切って再びお店に行きズバリ「中古ですか」と聞いてみました。

結果としては中古ではないのですが、現在は契約終了している輸入代理店から当時仕入れた物の在庫なので、保証がない、でも初期不良には対応します。と言う事情によりその価格になっているそうです。(だったと思います)

値段で言えばクリップタイプの方が安いのですが、ペダルタイプは値が張るだけあって、反応の良さ、使いやすさに優れているという実感(あるいは先入観)があり、出来ればペダルタイプを、しかも出来るだけ安くと考えていたので、まさに打って付けです。

そんな訳で、他のペダルとの兼ね合いは関係なく、とりあえずチューナーは決定しました。

guitar_memo_181021_01.jpg

ちなみに、後日別の用事で他社の楽器店をウロウロしていたらそこでもやはり同じような値段で売られているものがあったので、おそらく同じような事情なのかもしれません。ですがなぜかインターネット上では見かけた事がないので、興味がある方はちょっとお店に行ってみるのもいいかもしれません。

最近は何でもインターネットで探して購入することが多くなりましたが、実店舗をウロウロしてみると意外な掘り出し物や、面白いアクセサリー類を見つける事もあるので、やっぱりたまには足を運んでみるべきだと思いました。

夢のペダルボード

bt_riho_03.jpg私はブログ記事のタイトルに「○○メモ 01」と言うような、具体性の乏しい名称を付ける事が多いのですが、自分でもタイトルを見ただけで何のことだか分かりにくいと思っています。分かっています。ですが、既存のものについてはどうしようもないので、これからどうにかなるものについては何とかしようと思います。

それはそれとして、意外と書く事がなかったので、久しぶりにギター関係の話を書いてみようと思います。

この記事でも少し触れていますが、スタジオの大きなアンプを使って練習したい、と言う事になるとコンパクトエフェクターの一つや二つ必要だろうと思う訳です。

ただ、そういった事に関して自分なりの「カラー」がある訳でもないので、単純な物欲感覚で「これはいる」、「これも欲しい」、「これは使った事無いから使ってみたい」といろいろ模索していたのですが、結果的に自分なりの「夢のペダルボード計画」(海外ではコンパクトエフェクターを「ペダル」と呼ぶ事が多いようです)が完成しました。

そして計画にそってコツコツと買い集めていたところ、ついにすべてがそろいました。

guitar_memo_181007_01.jpg

構成としては

  1. polytune 2 (チューナー)
  2. Tone Corset (コンプレッサー)
  3. VOW PRESS (ワウ/ボリュームコントローラー)
  4. Tone Tattoo (マルチエフェクター)
  5. Holy Grail (リバーブ)
  6. Groove Loop (ルーパー/ドラムマシーン)

となっています。自分でも自分にとって贅沢すぎる構成だと思います。

実際にすべてがそろって、それぞれの設定や組み合わせでその効果を実感するのはそれだけでも楽しく、大変充実しているのですが、なんというか、揃ってしまったゆえの寂しさも感じます。

まだ揃っていない頃は「もうすぐこれが買える!」とか、「今日届く!」とか、サイトの情報や動画を見て常にワクワクしていました。いい歳して。そういったものがすっかりなくなってしまったので、妙な喪失感があるのも事実です。

とは言え、経済的負担が軽くなるので、そういった点ではほっとしています。

またブログネタに困ったら、それぞれのエフェクターについての割と参考にならない話を図々しく書いてみようと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示